上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前置きはそこそこに早速本題 ~ 第6位から第10位までについてお話しさせて頂きます。

とはいえ全体のランキングが分からないとここの話もよく分からないと思いますので、前回の記事のリンクを貼っておきます。

『第93回箱根駅伝を振り返って(前半)』
http://tyostfn42195.blog.fc2.com/blog-entry-41.html

ではそれぞれについてお話しを♪♪♪



6位:関東学生連合・10区・照井明人(東京国際大学)、幻の区間賞

今大会で10区の区間賞は順大・作田直也。
でも実は彼より2秒速く走った選手がいました。

それが東京国際大学・4年の照井。
しかし照井はオープン参加扱いの関東学生連合での出走のため公式には認められず「幻の区間賞」となってしまったのです。

79回大会から始まったこの混成チーム制度、『前半』でお話しした「4・5区の変更」以上に猫の目の変遷を遂げています。
名称も変わるし正式参加扱いだったりオープン参加扱いだったり、シード権にも影響させた回もありました・・・そして不要論も毎回のように出ているようですね。

この混成チームについて拙走にはひとつの案があります。
ま、もちろんこんな独り言が採用されるなんてことは無いわけですが(^_^;)

それは「選抜される選手は3年生以下に限る」ということ。
混成チーム制度には幾つかの目的があるようなのですが、その中の一つに「出場できなかったチームに箱根本戦の生きた経験を吹き込む」というものがあるそうです。
であれば出場した後3か月足らずで卒業してしまう4年生を走らせるより、翌年以降も予選会突破の可能性のある3年生以下を走らせるのがより効果的なのではないかと思うのです。

制度の運営方法についての議論は様々あるようですが、個人的にはどういう形であれ存続はしてもらいたいと考えています。
そして混成チームに、さらには予選会突破チームに「こんな学校が出てきたんだ!」という驚きを沢山貰えることを願っています。



7位:前評判の高かった2校、東海大学・山梨学院大学、力を発揮できず

戦前の予想では「1強+5」という見方をされていました。
「1強」とは青学大、「5」は早大・駒大・東海大・山梨学院大・東洋大。
その中の東海・山梨学院はそれぞれ10位・17位という期待を「裏切る」結果となりました。

山梨学院に関しては直前に部内でインフルエンザが流行してしまうというアクシデントがあり、日本人エースの佐藤孝哉(4年)をはじめ有力選手が欠場という事態になりました。
これを不運で仕方ないと見るか管理体制を含めたチーム力と見るかはともかく、戦前から苦戦が覚悟されたものだったようです。

一方東海は状況が大きく異なります。
往路に4人の1年生をつぎ込みましたが、1区の鬼塚翔太(区間2位)以外はことごとく失速しました。
2区・關(難しい字ですが「せき」と読みます)颯人13位、4区・松尾淳之介12位、5区・館澤享次13位。

高校時代に既に高い走力を発揮して鳴り物入りで入ったルーキー達。
距離が短いスピード駅伝の出雲ではそのルーキーの活躍で一時はトップを走り、3位入賞を果たしました。
しかし箱根では洗礼を浴びる結果に・・・拙走はこれで良かったと思っています。

高校で強かった選手を沢山入れてそのまますぐに勝たれてしまってはあまりにつまらない(どこぞのプロ野球チームのように)。
誤解の無いように言っておくと、拙走は決して東海大を嫌っているわけではありません  ~ むしろ勝ってほしいと思っています。

2位や3位の経験はありながら未だ優勝には届いていない学校の栄冠を見られることを望んでいます。
だけどそれは大学での鍛錬で培った力で勝って貰いたいのです。

自分は箱根駅伝の何者でもないけど、100年近い歴史を誇る箱根を舐めてもらっちゃ困る、という気持ちでいました。
その意味では復路はさらに非常に良い結果だったと思います。

6区・中島怜利(1年)以外は3・4年生が走り復路4位。
しかも7区では4年生の石橋安孝が区間賞。
大学での積み上げがいかに大切かを1年生に思い知らせたシード権だと思います。

東海は今回走った10人のうち8人が残ります。
来年、さらには再来年、さらにさらに3年後、今回の悔しさをバネに成長した今のルーキー達が快走して初優勝をもぎ取ってほしいと願っています。



8位:神奈川大学、12年ぶりのシード権獲得

今回シード権を獲得した10校の中で最も久し振りとなったのが『3位』でも取り上げた神大でした。
81回大会以来12年振り。
しかもシード権内にギリギリ滑り込んだわけではなく堂々の5位!

これは相当な驚きでした。
全日本は途中棄権による予選落ちで不出場、箱根予選会は5位・・・その学校が本戦で5位になるとは!

拙走としては連覇した97年・98年を知っているだけにここ数年の低迷に心を痛めていました。
しかも「惜しい」と言えるシード権外ではなく、序盤から離されての低空飛行が続いていただけに、今回の結果は快挙として手放しで讃えたいと思いました。

各校・各選手の本当の胸の内はもちろん分からないのですが、今大会一番喜べたチームが神大なのではないかと想像しています。

派手さは無いけど、実はそこそこの記録を持っている選手が揃っています。
さらなる飛躍を遂げるのか、それとも?・・・来年以降の動向が楽しみです。



9位:青山学院大学・3区・秋山雄飛、『湘南の神』

箱根駅伝の主催は関東学生陸上競技連盟、共催として名を連ねるのが読売新聞社、そのグループとして後援しているのが報知新聞社です。

往路を終えて1月3日のスポーツ報知の1面の見出しに躍ったのは『湘南の神』の文字でした。

3区で首位を奪い、区間賞も獲った秋山が青学大往路優勝の立役者ということでの見出しだったのでしょう。
『湘南の神』というフレーズはレース中運営管理車の原監督からも声を掛けられていたそうですし、区間賞のインタビューではゲスト解説のOB神野大地(言わずと知れた「3代目山の神」)も口にしていました。
神野が放送中にこの言葉を口にすることは、区間賞を獲った時の約束として事前に秋山との間でも決められていたようですね。

この項で秋山の力走以上に拙走がお伝えしたいのは、こうした青学大選手達の仲の良さ、上級生下級生の隔たりの無い風通しの良さです。
部内のこうした雰囲気が強い結束力を生んでいるように思うのです。

話は箱根駅伝から逸れるのですが、拙走の中で印象に残っているシーンがあります。
11月の全日本、この時も神野がスタジオゲストでした。
青学大はめでたく初優勝を成し遂げ、インタビューでエース一色が神野から声を掛けられての第一声は「何で敬語なんですか(笑)」。
クールな一色のあの時のフランクでリラックスした様子が青学大というチームの雰囲気を象徴しているように感じたのでした。

さて話を秋山に戻しましょう。
4年生ということでこの春で卒業となるわけですが、拙走の故郷・広島の中国電力への就職が内定しているようです。
自他共に認める精神的に不安定な彼が実業団でどの様な走りを見せてくれるのか・・・目が離せません(#^.^#)



10位:創価大学、往路9位・総合12位の健闘

一昨年の91回大会で初めて予選会を突破し、期待通り(?)初出場の定位置である(?)最下位の20位に沈んだ創価大。
昨年の大会は予選落ちで不出場。
今回は予選会3位で通過したものの本戦は苦戦するだろうなと見ていたのですが・・・。
意外や意外、頑張りました。

特に往路順位は9位、一時は5位まで上がったりして、「ひょっとしてシード権取る?!」という期待を抱かせてくれました。

拙走は毎年箱根駅伝の観戦ガイドを購入し、3色の蛍光ペンを用いて選手にマーカーして各校のメンバー一覧を色付けするのですが、実は2番目に地味な色合いとなったのが創価でした。
当然ながら下馬評も高くなるはずもなく、某雑誌の戦前予想でも17位。
そういう学校が上位に来るところも箱根駅伝の醍醐味だと思います。

『創価』という響きに宗教的・政治的な香りを感じる人もいらっしゃることと思いますが、個人的には色メガネ無く、スポーツ選手としてファンをますます楽しませてくれることを期待したいのです。

今回同校から出場した10人の内8人が来年度も残ります。
特にチーム内区間最高順位をもたらした8区・米満怜は1年生。
これまた動向が楽しみな学校が増えました。


   ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆


さてさて、2回に渡って箱根駅伝について書いてきましたがいかがだったでしょう?
今回のレースの様子が脳裏に浮かぶような内容になっていれば拙走的には最高なのですが・・・。

前後半二つの記事、実は下位である後半の方が若干長くなっています。
それは事実以外の個人的な思いを沢山書き連ねてしまった結果だと思います。

そしてランク外になってしまったネタも当然あります。
実はそちらの方がむしろ激安焼酎的にお話ししたい内容だったりするのですが、箱根駅伝以外にもネタは目白押しなのでひとまずお蔵入りとすることにします。

もし機会があればこのブログでもお喋りしたいなと考えていますが・・・さらに季節外れな時に突如UPするかも知れません(^_^;)


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト
2017年が明け、箱根駅伝が終わり、早くも1ヶ月半以上が経過しました。

これまでこのブログではあまり触れてきませんでしたが、実は激安焼酎は結構な箱根駅伝好き★

ということで、勝手に今回の箱根駅伝の10大ニュースを選んで、それぞれ振り返っていきたいと思います\(^_^ )

遅筆ゆえに今さらながらのこんな話題・・・もう忘れかけている人も多いと思いますが、思い出しつつ楽しんで頂けたら嬉しいです♪

まずは一挙に10項目を列挙しちゃいます!!!



1位:青山学院大学、3連覇&3冠達成

2位:金栗四三杯、日本体育大学6区・秋山清仁

3位:2区区間賞は神奈川大学・鈴木健吾

4位:4区・5区、2005年以前の距離に変更

5位:親子鷹での挑戦、5区に二組

6位:関東学生連合・10区・照井明人(東京国際大学)、幻の区間賞

7位:前評判の高かった2校、東海大学・山梨学院大学、力を発揮できず

8位:神奈川大学、12年ぶりのシード権獲得

9位:青山学院大学・3区・秋山雄飛、『湘南の神』

10位:創価大学、往路9位・12位の健闘



市民ランナーにとって箱根駅伝がどれほどの興味の対象か分かりませんが、皆さんの印象と比較してどれくらい一致してどれくらい外れているでしょうか?

今回は1位から5位までを順にそれぞれについてコメントしていきたいと思います。



1位:青山学院大学、3連覇&3冠達成 ~ 前評判通りの優勝!

一昨年・昨年と箱根を連覇し、今シーズンも「箱根の前哨戦」と言われる出雲全日本大学選抜駅伝競走(以下「出雲」)と全日本大学駅伝対校選手権大会(以下「全日本」)を制して、圧倒的な本命だった青学大。
心配なのはプレッシャーだけだと思っていましたが、それも見事にはねのけて本当に3連覇&3冠を達成してしまいました。
もう脱帽するしかありません。

前回大会は全ての中継所でトップでたすきを繋ぐ「完全優勝」を果たして他を寄せ付けなかった印象がありますが、実は2位とのタイム差は今年の方が大きかったのです。
前回は7分11秒、今年は7分21秒・・・僅か10秒の違いですが、今年の方が楽勝でのフィニッシュでした。
なのに昨年ほどの強さを感じない「独走」だったと思いませんか?(少なくとも拙走の印象はそうでした)

様々な要因がありますが、ひとつには区間賞の獲得数に表れていると見ています。
10区間のうち前回は6つもの区間賞。
翻って今回は僅かにふたつ・・・つまり個々人の走力はそれほど圧倒してはいなかったのです。

ということは言い換えると今回は総合力の勝利。
過去2回とは異なる勝ち方をしたというのが拙走の評価です(個人的にはこういう勝ち方の方が好きだったりします)。

過去2回との違いを感じたことがもう一つあります ~ それは走るフォーム。
過去2回の圧勝劇を見て拙走の印象に強く残ったのが、「青学大の選手のフォームは皆似ている」ということでした。
体幹トレーニングに力を入れていると聞いてその影響なのかなと思いましたが、同じ方針でトレーニングを積んでいるはずの今回走った選手はどういうわけか個性豊かに映りました。
そのことが何を意味するのか、たまたま以前が似たフォームになっていただけなのか分かりませんが、なぜか強く印象に残りました。



2位:金栗四三杯、日本体育大学6区・秋山清仁 ~ 2大会連続での区間記録更新!

前回大会でも山下り6区の区間新記録で走った日体大・秋山が、今回さらに縮めて57分台にあと一歩と迫る58分01秒で駆け下りました。
これは今大会唯一の区間記録更新 ~ ということで大会MVP選手に贈られる「金栗四三杯」を手にしました。

拙走の個人的イメージなのですが、3年生以下で6区を走り好成績を出し翌年以降も再び下る選手って、更に上回る好走をするタイプと2回目以降失敗しちゃうタイプと両極端に分かれると思っています。
そこでこの秋山はどうかなぁと興味深く観ていたのですが、ものの見事に前者のタイプとなりましたね。

「日体大・6区」というと「脱げちゃいました」の谷口浩美氏・・・もとい、東京の世界選手権マラソンで金メダルを獲った谷口浩美氏がいます。
この秋山にも世界での活躍を期待したくなってしまいます。



3位:2区区間賞は神奈川大学・鈴木健吾 ~ 歴代8位の好走で青学大・一色に先着!

いやぁー、彼の走りには度肝を抜かれました。
10月の箱根予選会で日本人1位(全体では3位)ということで力を付けてきた選手だとは思っていたけど、まさかここまでやるとは想像していませんでした。

権太坂を過ぎて鈴木が前に出た時は「あら早まったな」と拙走は冷めた目で観ていたのですが、青学大の絶対的エース・一色をそのまま置き去りにして中継所まで激走 ~ 神大史上初めて往路戸塚トップ通過を果たしました。
後の関連番組で一色は「あのまま逃げられるとは思わなかった」と語った通り、周囲も想定していなかった強さを見せてくれました。

その一色ですが、個人的にとても応援しています。
「とてもいいやつなんだろうなぁ」って感じがして・・・。

四年間学生三大駅伝皆勤賞なのに、常にエース区間を走らされた結果区間賞ゼロ。
だけど絶対に外さない走りでチームの成績に大いに貢献してきました。

だから今回こそは!と願いつつ観ていただけに、今回も区間賞を取れず残念な気持ちもありました。

4年生の彼は卒業後「GMOアスリーツ」というところに加入するそうです。
馴染みの無いチーム名かも知れませんが、2016年末の防府読売でこのチームの橋本峻(彼も青学大出身)が優勝するなど早速実績を出しています。
一色のマラソンでの活躍、要注目です。

ついつい個人的思い入れから一色の話が長くなりましたが、最後に再び神大・鈴木の話に戻します。
こちらはまだ3年生 ~ 来年もまた花の2区を沸かせてほしいし、順大・三代の日本人歴代1位の区間記録、できれば留学生も含めての区間記録(山梨学院大のモグスが持っているもの)を塗り替えてもらいたいです。



4位:4区・5区、2005年以前の距離に変更

今回から第4中継所(4区→5区)がメガネスーパー本社前から鈴廣前に変更となりました・・・ていうか、2005年(第81回)大会まで使われていた場所に戻りました。
これによって4区が2.4k長くなり、その分5区が短くなりました。

とは言っても5区山登りがラクになったかというと決してそんなことはありません。
短くなったとは言え今回も大きな差を生んでしまう区間となりました。
区間1位と10位のタイム差は2分48秒、最下位とのタイム差は7分19秒もありました。

従来の5区のコースを拙走は実際に走ったことがあるのですが(もちろん駅伝の選手としてではなく、単なる趣味でマラニック的に)、今回伸びた部分はガッツリ登っています。
もちろん箱根山中に比べれば傾斜は緩やかだけど、平地を20キロ走ってきたランナーには相当な苦しみを与える坂道です。

ということで4区はかなり走力が必要な区間へと変貌しました(ていうか、しつこいようですが、戻りました)。
実際4区を走った選手は戦前の予想通り各校の主力級が揃い、非常に豪華な顔ぶれとなりました。
しばらくの間箱根駅伝の中で唯一の20K未満の区間として新人の登竜門的な存在でしたが、今後の『再生準エース区間』の行方が楽しみです。



5位:親子鷹での挑戦、5区に二組

今回監督の息子が出場するという「親子鷹」が二組ありました。
奇しくもその両方が5区で、しかも両方お父さん(つまり現監督)も5区経験者という重なりよう~いかにも大衆受けしそうなネタにテレビは食い付き、大きく取り上げられていました。

その二組とは山梨学院大学・上田誠仁監督&健太(3年)と大東文化大学・奈良修監督&凌介(1年)。
残念ながら2人とも走りはイマイチで、区間順位は7位と19位でしたが、まだ来年もチャンスがあるのでリベンジの快走を期待したいです。

この項目、激安焼酎的にはさほど興味があるテーマではなかったのですが、テレビの扱いがあまりに大きいので5位に入れました。


   ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆


ということで今回はここまで。

次回は後半として6位から10位についてお話ししたいと思います♪♪♪


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村
4月18日、WMM(ワールドマラソンメジャーズ)のひとつ、ボストンマラソンがテレビで生中継されました。

と言ってもご覧になった方は少ないと想像します。

放送されたのは地上波ではなく、フジテレビ系列のCS局です。

レース全体の観戦レポや分析は拙走みたいなド素人がやっても仕方ないのでその道の方々にお任せするとして、激安焼酎的なかなり偏ったお話をしたいと思います。



伝統のボストン、今回は何と第120回でした。

日本からも多くの参加があったと想像されますが、その中にはメキシコ五輪(68年)のマラソン銀メダリスト・君原健二さんも出場者のお一人でした。

結果は完走!

記録は4時間53分14秒、見事なSUB5です。

御年75歳ですからね~全く想像つかない世界ですが、これだけ走り続けられる身体を維持することは並大抵のことではないでしょう。



実は君原さん、今回は主催者からの招待で走っておられたのです。

もちろんエリートランナーとしてではありません。

50年前の大会優勝者としてです。

何とも《粋》ですよねぇ~。



そして拙走がさらに感動したのが、君原さんのゼッケンナンバー。



【1966】



気付きました?

今年が2016年、その50年前が1966年・・・そう!これって君原さんがボストンで優勝したその年なんです!

そこには勝者の栄誉への敬意を感じましたし、その根底に大会の伝統への誇りがあるからこそ為せる業なんだろうなぁって思いました。



日本じゃなかなかこういうことは無いですよね。

ここまで粋な用意をする大会って何だかとっても良いなぁ~と、しみじみ感じ入ってしまいました。



これまで海外の大会の出場にはさほど興味を抱かなかった拙走なのですが、今回の中継を観て少し考えが変わりました。

でもせっかくなので、出るならこの大会の歴史や伝統をちゃんとお勉強して、その場に立てることの感激にドップリと浸かりながら走りたいですね。

実現するのは一体いつになるやらさっぱり分かりませんが、そのためには「ボストンクオリファイ」と言われる高い次元での走力を維持していかなくては・・・。



最後に、君原さんが走った後に語ったコメントをご紹介したいと思います。

素人から見ると「え?優勝の喜びと同じなんてことはないでしょう?!」と思ってしまうけど、でもきっとこれがご本人の偽らざる、そして飾らぬ本音なのでしょうね。

さらにここには走ることのひとつの本質が込められているのかもと考えるようになりました。

頂点を極めた人にすらこう言わしめる何か・・・「人はなぜ走るのか」を考える中で忘れてはならない言葉なのかも知れません。

「完走が最大の目標だった。実現することができて、とても満足している。50年前の(優勝した)喜びと変わらない。」




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

あしもと【足下・足元・足許】
①立っている足の下の小範囲。身近な所。目前の状態。
②足の運びぐあい。
③その場の状態。立場。
  「~を見る」弱みを見すかす
                 (岩波国語辞典・第7版新版)



第92回の箱根駅伝、様々な場面で多くの感動がありました。

ただ争いという観点で見ますと・・・青山学院大学が完全優勝を成し遂げるとまでは思いませんでしたが、大本命として予想通りの2連覇。

上位3チームの顔ぶれも戦前の予想通り、それ以下のチームの総合順位にもさほどの驚きは無く、シード争いも秒差というほどの熾烈さにはなりませんでした。



そんな中拙走がこの大会で最も驚いたのはレースの本筋とは全く異なる部分ではあったのですが、目を疑うほどの釘付けにされました。

その瞬間が訪れたのは1月3日の朝8時03分04秒。

前日の往路を2位で終えた東洋大学が2日目の復路の時差スタートをしようという時でした。

東洋大学の復路6区は3年生の口町亮(くちまち・りょう)選手。

大学駅伝デビューは今シーズンの秋でまださほど知られていないであろうと思いますが、出雲駅伝・全日本大学駅伝共に区間賞獲得という只今絶賛売り出し中の選手なんです。



そんな彼に拙走の目が釘付けになったのはその足元でした。

なんと口町選手が履いているシューズはまさしく拙走が昨年11月に買ったものと全く同じもの\(◎o◎)/!



そのシューズとはナイキの「ズーム・ストリーク・LT2」という商品です。

http://store.nike.com/jp/ja_jp/pd/%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%82%AD-%E3%82%BA%E3%83%BC%E3%83%A0-%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AF-lt-2-%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%82%BB%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BA/pid-10338562/pgid-11169772



この商品はカラーが1種類しか無く、当然口町選手が履いていたものも拙走と色も同じ。

なのでテレビに映し出されたとたん、すぐに気付きました。



このシューズは激安焼酎ブログ周辺のブロガーさんからもよく固有名詞が出てくるスポーツショップ『V』のカリスマ店員(?)Sさんに見立てて頂いて選んだものです。

こちらからの要望としては「10Kやハーフマラソンなどのスピードレース、そして普段のスピード練習として履けるもの」ということでお伝えしました。



これを試着した第一印象は「軽い、薄い!」(漢字だけ取ると『軽薄』ですが、ネガティブな意味では決してありません)

と書いてはみましたが・・・実は一見すると軽薄そうな印象を受けました。

拙走はシューズ選びの際に踵のフィット感を最重視するのですが、見た目はペラッペラでいかにも頼りなげ・・・正直言って自分一人では選ばないルックスでした。

でもSさんの薦めということで仕方なく、というと語弊がありますが、半信半疑な思いで足を入れてみると・・・あらビックリ、実にしっくり来ます。

この後にも2足ほど試し、総勢5種類もの商品を出してもらってとっかえひっかえしましたが、自分の中ではこのストリーク・LT2が圧勝でした。



そんなわけでかなりのお気に入りではあるのですが、まさかエリートランナーが履くほどのレベルのものとは思っていなかったので、口町選手が履いてるのを見た時には本当に驚きました。



と書くと拙走はエリートランナークラスの走力の持ち主だと言っているかのようですが、もちろんそんなことはありません。



このシューズは拙走にとってはかなり背伸びした一品です。

Sさんには「フルマラソンで履くには君にはまだ早いかもね」と言われました。

そして一方の口町選手がこのシューズを使ったのは山下りの6区・・・とんでもなく脚への衝撃、というか攻撃とも言えるほどの負荷の大きいコースです。

気になって彼が走った出雲・全日本の写真をチェックしてみましたが、やはり平地区間ではこのシューズは使用していませんでした。

拙走にとってクッション性を極限まで排除したものとして選んだシューズは、箱根を走る選手にとってはクッション性を求めて履くシューズだったということです。



やはり自分はエリートランナーとは同列のシューズではないという当たり前のことを最認識させられたわけですが、それでも口町選手には親近感を覚えながら中継を観ることができました。

残念ながら期待したほどの走りはできませんでしたが彼はまだ3年生 ~ 拙走的注目選手に新たな顔が・・・いや足が(?)加わったのでした。

今年からは人の足元を見る人間になりそうです。。。




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


プロフィール

激安焼酎

Author:激安焼酎
何となく申し込んだ東京マラソン2014にうっかり当選してしまい、練習しないわけにはいかんと思い走り始めたのが13年年末。

その東京マラソンを何とか完走・・・そして同時に走る快楽にハマり本格的にランニングを開始。

そして楽しく走りつつも走ることに対していろんなことを思う日々・・・ここでは走りそのものよりも頭の中に浮かんだことを徒然に残していきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。