上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日ランナーズ誌が行っている「第11回全日本マラソンランキング」が発表されました。
悲喜こもごもいろんな思いがあるかと想像しますが、ランクインされた皆さんにはおめでとうと言いたい気分です。
私の周囲でもランニングクラブ会員を中心に複数名の方がランクインされ「すごいなぁ~」の一言です。

ランクインからは遥か下の世界をよちよち走っている激安焼酎には大半のページが単なる文字の羅列でしかないのですが、ランナー全般に関してのデータを分析してみると興味深いものがありました。

① 大会数
04年度に49だった大会数は14年度には73に増えました。
数にして数にして24、増加率は約1.5倍です。

② 完走人口
04年度は約7万9千人、14年度は31万3千人に増加。
人数にして23万5千人近く、増加率は約4倍ということになります。
前年に比べても約2万7千人、10%近い増加率です。

③ 1大会当たりの人数
上記の完走人口は延べ人数ではないので単純計算の割り算だと正確な数字ではないのですが、04年度は1608人、14年度が4294人。
人数にして約2700人、2.7倍に増加・・・いかに大規模大会が増えたか、各大会が参加人数を伸ばしているかを示していると思います。

ただ14年度は対前年で325人の減少となっています。
原因としては新規で増えた大会に小規模なものがあったこと、年に複数回出走するランナーが増えたこと、などと推測してます。

④ 男女比
データは女性ランナーが着実に増えていることを示しています。
04年度は全完走人口に占める女性の割合は15.5%でしたが、14年度は21.3%。
上記②で完走人口がこの11年で約4倍に増えたことを書きましたが、男性の増加率が3.7倍ほどなのに対して女性は5.5倍です。

⑤ 記録分布(男性)
記録分布に関しては比較対象が前年の13年度分しかないのですが(私が市民ランナーとして走り始め、ランナーズ誌の購読を始めたのが昨年だからという理由です)、全完走者の平均タイムが4時間36分49秒 ~ 前年に比べ43秒の短縮です。
年齢別で見ると平均タイム最速は46歳の4時間27分00秒です。

ちなみにSUB3は7456人で前年度の6481人から975人増加。
完走人数に占める割合も僅かに増加しています(2.87%→3.02%)

⑥ 記録分布(女性)
平均タイムは5時間07分55秒、僅か1秒ながら昨年より短縮という結果です。
年齢別で見た最速平均タイムは45歳 ~ 男性とほぼ同じ年齢でした。
その記録は4時間52分09秒で平均より15分以上速いタイムでした。

分布から判断すると男性のSUB3に匹敵するのがSUB3・5と言えそうです。
14年度の達成者の人数が2080人、比率にして3.11%で、男性のSUB3人口比に近似しています。
参考までに13年度の女性SUB3・5達成者は1934人、比率は3.18%です ~ 完走者人口の増加で達成人数も増えていますが、平均タイム同様比率は横ばいの数字と言えると思います。

⑦ ボリュームゾーン
40~44歳、まさに「40代前半」とピッタリ重なる世代が完走人口が最も多く、8千人台となっています。
その中でも最多年齢が41歳の8544人、完走人口に占める比率は2.73%です。

女性も男性と近く、39歳から47歳までがほぼ2千人を超えています(46歳のみ1938人で2千人未満)。
最多年齢は43歳の2336人、完走人口に占める比率は3.49%です。

個人的には5年、10年と経過したときにこのボリュームゾーンがどう変化するかに興味があります。
今の顔ぶれで年齢を重ねていってボリュームゾーンも年齢が上昇していくのか、それとも顔ぶれが入れ替わっていってボリュームゾーンは変わらないのか・・・。

⑧ 都道府県別大会数
73大会を47都道府県で割ると平均1.55大会。
最多は4大会で茨城、新潟、兵庫、福岡の4県。
一方ゼロという県も結構あり、青森、宮城、山形、埼玉、福井、三重、島根、岡山、広島、香川、長崎の11県。
でも埼玉、岡山は今年ゼロから脱却する予定です。
我が故郷広島がゼロなのは淋しいです~同じ地方中核都市・仙台を擁する宮城もゼロ・・・でもあちらは仙台国際ハーフマラソンがあります~頑張れ広島!



☆  ☆  ☆  ☆  ☆



ということで、自分の興味の赴くままにエクセルや計算機などを使って分析してみました。
見落としや計算ミスなどもあったりするかも知れませんが、激安焼酎は脳みそも安物ってことで目をつぶってやってください。

ちなみにランキングの冊子そのものの話をしますと、去年は黒・グレー系の白黒印刷だったのが、今年は青が加わって2色刷りに進化しました。
この辺りにも市民ランナーのすそ野の広がりを感じます。

今回はらしからぬお堅い内容の記事になってしまいましたが、ひとつでも「へぇ」と思って頂ける箇所があったなら幸いです。

トリビアの泉、復活しないかぁ・・・(懐)。


スポンサーサイト
タイトルを見て「小学生の作文みたいだな」と思ったそこのあなた、正しい感性の持ち主です。



前回までのプロローグ(っぽいもの)を終えていよいよ本編(っぽいもの)に入るわけですが、さて何を書こうか迷います。

あれこれ考えた結果、最初のテーマは当ブログ開始の原点「人はなぜ走るのか」に関わるものにすべきだろうと思い当たりました。

そしてその果てしない問答の始まりとして、一番身近な自分自身の走ることへの感情を考えてみよう、という結論に至りました。

その感情を端的に表現するとタイトルの小学生作文になったわけです。



わざわざ解説するまでもなく、極めて単純明快な感情です。

走っていると楽しいと感じます。



巷で「ランナーズハイ」などと表現されるものを自分も例外なく享受しています。

練習であれ大会であれ、走りを進めていくとたしかに強烈な高揚感を覚えます。

当ブログのタイトルにある「悦楽」を産出していることは疑いの余地はありません。

でも自分が感じている楽しさは何となくそれだけではない気がしています。



ランナーズハイが枯渇した、もしくはランナーズハイを凌駕したと思われるような苦しい場面に陥っても、そこに別の楽しさを感じます。

「悦楽」の境地はそこにもあるように思います。



自分を苦しめ、追い込むことに快感を得ている自分がいます。

多くの方の脳裏にこの言葉が浮かんでいることでしょう。

【 マ ゾ ヒ ス ト 】

自分でもまさにその通りだと思っています。



先月(4月)に初体験したウルトラマラソン~70Kのレース~ではまさに象徴的にこれら二つの感情を味わいました。



ちょうどフルマラソンの距離を超えた辺り、私の胸中を満たしていたのは「今日はまだ走っていても良いんだ♪」という歓喜でした。

走り続けてきたことによる歓喜+まだまだ走り続けることができるという歓喜、とも言い換えることができると思います。

これは典型的にランナーズハイがもたらした感情でしょう。



そしてそこから僅か8Kほどしか進まぬ内に「キツい・・・終わりにしたい・・・」と感じていました。

二言が有りまくりの男です。

でも一方で「あぁ、欲していたのはこの苦しさなんだ」と歓喜する自分がいました。

それはマゾヒスティックな快楽と言えると思います。



そうして70Kという距離を走り切ってフィニッシュに辿り着いた先には『達成感』が待っていました。

そこには筆舌に尽くしがたい気持ち良さがあります。

でも自分にとってはそれらは走っている最中に感じる悦びに比べると遥かに小さいように思えます。



視点を変えると、達成感を味わうまでに乗り越えなくてはならない辛さがあまりに大きいと感じます。

フルマラソンだと大半のランナーが3~5時間、人によってはもっと長い時間苦しい思いをします。

大会本番までの練習時間を含めると、一瞬の達成感を得るために払う代償はあまりに大きい。

一言で言うと「わりに合わない」。



なので「達成感」を走る動機に据えるのは今一つしっくり来ません。

ジグソーパズルで凸と凹が似てるけど僅かに形の違うピースを無理矢理押し込んじゃったような、ビミョーな違和感を覚えるのです。



私事で恐縮なのですが、HN「激安焼酎」が示唆する通り『達成感』の先にはビールが待っています。

※酒の種類が違うのは、陸連公認のコースであってもGPSの計測通りではない、と同等程度の誤差としてご容赦くださいm(__)m

たしかに走った後のビールは美味い・・・でも、達成感のケースと同じ不等式が成り立ちます。

すなわちビールの味より走る辛さの方が圧倒的に勝ります。



そもそも走らなくてもビールは私にはいつでも美味しい飲み物です。

※ただの呑んだくれオヤジだろ、というご指摘は全く否定致しませんが、論が停止してしまうので慎んでスルーさせて頂きますm(__)m

そんなわけで、自分にとってはビールも走る動機と位置づけるには弱いように思うのです。



とまぁザッと考えてみても、走るという行為そのものから楽しさを得られている、ということが唯一にして最大の動機なのだと思います。

言い方を変えると、走るという行為そのものから楽しさを得られている、としないと、自分が走っている理由の説明がつかないのです。



ただこれをランナー全員がそうだと言うつもりは毛頭ございません。

むしろ自分のような人間は『まれ』ではないかという自覚もあります。

※NHKの朝の連続テレビ小説に対する意識は微塵もありません ← これが何を言っているか皆目見当が付かない、という日が来ないことを祈ります・・・少なくとも9月下旬までは



とはいえその「楽しさ」の源泉がどこにあるのかはまだまだ掘り下げないと見えてきません。

さらにここまで述べてきた中にも実は(ってもうバレバレかも知れませんが)しっかりと矛盾点があります。

論理の詰めが明らかに甘いと感じる箇所も複数あります。

現段階ではそれらを整理することも表現することも不可能だと白旗を揚げるだけの能力しか持ち合わせていません。

不本意ですが不完全を自覚しながらの投稿となります。



そしてもし仮にそれらの問題点を解消できたとしても、自分のことを自身で考えて納得するだけでは明らかに不充分・・・「人はなぜ走るのか」の問いの答えには辿り着いていません。

第一回にも書きましたがそれは辿り着けない問いだし、同時に飽くなき探求を続ける価値のある問いであるとも思います。

でないとせっかく始めたこのブログもあっという間に最終回を迎えることになってしまいます。



そんなわけで、次回に続く・・・ではなく、神出鬼没的に不定期に問答はいつまでも続きます。



そして同時に思うことがあります。

ぼくは、はしることがすきです。りゆうは、たのしいからです。

おじいちゃんになってもいつまでもこんな小学生作文を書けるランナーでいたいなぁ、と。




「半生記・後半」と題して前回の続きを綴りたいと思います。



と、いきなりここでふと思ったのですが、半生記を前後半分ずつ記すってことは『四半生記』と名乗るべき?・・・なんてどうでも良いことが脳裏に浮かびました。



はい、無駄話はさておき、東京マラソンを走り終えて本格的に走ることを楽しみたいと思ってからまずやったのが近場でのハーフマラソンへのエントリーでした。

4月下旬に開催されたもので、そこからは手当たり次第に、とまでは言いませんが、何を基準にどう選ぶべきかもよく分からないまま様々な大会を走りました。

生意気にも宿泊を伴う遠征、旅ランも経験しました~ま、生来放浪癖の見本市のような人間ですので・・・。



昨年(2014年)秋のマラソンシーズンに入るまでの期間・・・

4月:ハーフマラソン(前述のもの)
5月:10K
6月:ハーフマラソン
7月:30K、ハーフマラソン
8月:無し
9月:無し
10月:ハーフマラソン、30K、5K
11月:30K、10K

を走りました。



そして晩秋のマラソンシーズンの皮きりにとエントリーしていた富士山マラソンを脚の故障でやむなくDNS(出走見送り)。

今年に入っていわきサンシャイン(2月)、横浜(3月)と2本のフルマラソンを走りました。

さらに先月4月には無謀にも初のウルトラマラソンとして70Kにも挑戦しました。



走り始めて一年目は多くのランナーがそうだろうと思いますが、レースのたびにほぼ順調に記録を伸ばすことができました。

1度しか走っていない5Kと70Kは別として・・・

10K=12分
ハーフ=34分
30K=29分
フル=1時間57分

・・・という幅で自己ベストを更新しました。



それにしても、不遜な言い方で申し訳無いのですが、ランニング開始当初は想定していなかった領域の記録に到達して自分でも正直驚いています。

まぁ、最初がどんだけ遅かったんだよって話でもあるわけですが・・・(汗)



走ることに慣れて脚が出来てきたのか故障も減少し、それに伴い月間の走行距離も徐々に伸びていきました。

肉体面では体重・体脂肪共に落ちましたし(▼6k、▼7%)、血液検査の数値にも変化が如実に表れています。



装備面で見ると、当初は時間だけ計れる非GPSのランニングウォッチを使用していましたが、昨年9月末にGPSウォッチを入手(ピッチ・ストライドや心拍数の計測はできない、ビギナー向けの安価なモデルです)。

ランニングシューズは徐々に増え、4足になりました~そして近々さらに増殖しそうな気配です。



その間に起こった大きな転機としてどうしても触れないわけにはいかないのがランニングクラブ(RC)への参加&入会です。

ビジターとしてお試し気分で参加してみたのが昨年6月のマラニック企画、そしてその翌月には入会して毎月のように練習会に参加するようになりました。

練習会参加で単に走るだけではなく、講習会に参加したことによって走りのフォームが激変したし、食事に対する意識も変わりました。

オーダーインソールを作ってもらうようにもなりました。

ここ1年少々の間の走力向上は既述のとおりですが、これらの変化はRCへの入会が計り知れないほど大きく寄与しています。



そして何よりも大きな変化が仲間ができたこと。

「共走」することによって(その後の飲みも含め←これ極めて重要(笑))様々な知識や価値観を身に付けることができました。

RCイベント初参加までの半年あまり独りで走ってきていましたが、おそらくそのままでもランニングの継続はできたのではないかと想像します。

ですが、RC加入(乱入?)と同時に、顕微鏡から魚眼レンズに変わったくらいランニングに対する視界が大きく変わりました。

陸上部上がりの自分には想像もつかないような走りの楽しみ方の多種多様な世界を体感することができています。

ありがたいことにその中からさらに親しくしてくださる方も出てきて、さらに「広い×深い」という掛け算が積まれようとしています。

そこが無ければこのブログを始めることも無かったでしょう。



フルマラソンを基準に考えると自身2度目のオフシーズンというものに突入した今、目下の方針はスピード強化です。

フルマラソンをはじめとする長い距離も頭の片隅に残しつつですが、身体を短い距離からスピードに順応させつつ、ペースを落とすことなく長い距離に対応していけるようになりたいと考えています。

・・・ランナーとしての現在の姿はこんな感じです(*´ω`*) ← チョッピリで『電車男』を意識してみた(笑)



さて、2回にわたって今日までの歩みを記してみましたが、これくらい背景をお示しすれば次回以降展開される(と思われる)持論、自論、暴論、奇論、偏論、駄論、虚論、空論・・・の解釈の一助になるのではないかと期待しております。

ずいぶん長くなりましたが、筆者のプロフィールとして末永くこれら2弾の記事をご利用頂ければ幸いでございますm(__)m


前回は初回ということでプロローグ的な内容でお話しさせて頂きましたが、今回もそれっぽい感じで私のランニング遍歴…他のスポーツも含まれるかな…を記したいと思います。

大見得切ってタイトルを『半生記』と銘打ちましたが、もちろんペラッペラの内容です(笑)。

そもそも遍歴なんてものはプロフィール欄に書けば良いようなものではありますが、筆者の思考回路に多大なる影響を与えたはずのものなので、それなりに詳しく述懐しておく必要性があるだろうと思いまして記事として掲載することに致しました。

結構な長さになりそうなので、ランニングを始めるまでと始めてからの二回に分けたいと思います。



一昨年(2013年)の年末からランニングを始めた小生、すなわちランニング歴はまだ1年5ヶ月ほどの青二才ですが、一応陸上経験者だったりします。

その前に出生から辿りますと、1970年代前半に広島県某市で生を受け、小学生時代は剣道やソフトボールをやりました(正直やらされた感の方が強かったかな)。

そして中学校ではバスケットボール部に入ったのですが、田舎ではよくある話で、陸上部のメンバーだけでは駅伝チームが組めないということで臨時に借り出されたりしました。

そんな経緯もあって高校では入学と同時に陸上競技部に入り中長距離ブロックに所属、専門種目は最長の5000Mでした。



よく誤解されるのですが、高校生男子の陸上競技での最長種目は一般的には5000Mです。

トラック競技の最長種目は1万Mというイメージがある方も多いと思いますがそれは大人の大会の話。

インターハイを始めとする高校生だけの大会では一部の例外を除き1万Mは行われません。

将来は変わる可能性もあるかも知れないと個人的には思っていますが…。



さて話を本題に戻しまして…陸上は自分なりに結構本気で打ち込んでいました。

しがない公立高校で自己ベストも平凡なタイムでしたけど、楽しんで駆けってましたね。

中間や期末の定期試験の期間中は部活は禁止されていたのですが、走っては校内放送で叱られ、というのを毎学期繰り返していました。

そんな風に部活を頑張ったおかげで高校卒業後はストレートで代々木ゼミナールに入学できまして、一年間の浪人生活を送った末に何とか大学生になり、それと同時に上京して参りました。



大学に入ると陸上生活とはおさらばしましてサイクリング部というものに入りました。

※「陸上生活とおさらば」といっても別に空中・地中・水中で暮らしていたわけではありませんm(_ _)m

サイクリング部というのはレースをやっていたわけではなく、キャンプなどもしつつノンビリ走るツーリングと呼ばれるジャンルです。

今日のランニングで説明するとマラニックの自転車版というとイメージしやすいでしょうか。

自転車で走りながら景色も楽しみ、美味しいものも食べ、観光もする…要するに自転車旅です。

高校・大学とやってることは幾分異なりますが、長くノンビリ走るのが好きな性分だったと言えると思います。



大学卒業後はそうした走る生活からはすっかり遠ざかってしまっていましたが、職場のサークルでソフトボールや草野球をやったりししてスポーツには時々携わってはいました。

と言ってもメインは終わった後の飲みというとてもお気楽なレベル…中年に向かって身体はすくすくと成長していきましたよ、前後左右に。



そんな中で気付くと世間で始まっていた東京マラソン。

当初から何となく興味はあったけど、陸上部時代から四半世紀ほど経った自分には傍観するだけの年がしばらく続きました。

でも「制限時間7時間って練習したら完走できるんじゃね?」とふと思ってポチッとやってしまったのが2013年大会の申込み、つまり12年の夏のことです。

この時はつつがなく(?)落選したのですが、翌年(2014年大会)二回目のポチッをしたら困ったことに当選のメールが(◎_◎;)

それが13年9月下旬…そこから慌ててランニングを開始…ではなく、仕事の忙しさにかまけてなかなか走ることをしませんでした。



そして精神的にも体脂肪的にも重くなった腰をようやく上げたのが13年の年末…つまり東京マラソン本番2ヶ月前。

そんな短い期間で充分な準備などできるはずもなくレース後半は二足歩行が可能なボロ雑巾に…。

それでも何とかフィニッシュ!~タイムはおよそ5時間40分でした。



東京マラソンに関してはあらためて体験談や思いをお話ししたいと考えていますが、とにかく「走るってこんなに楽しいものなんだ」と知りました。

いや、高校時代も走ることを楽しんでいたわけだから「再認識した」もしくは「思い出した」と言うべきなのでしょう。

「焼け木杭に火が着いた」ってやつですね…。

そこから愛欲の日々(!?)が始まることとなり、当ブログのタイトルにも込めた「悦楽」の境地に溺れていったのでありました♪



後半へ続く。。。



ブログというものが広く市民権を得てどれくらいの年月が過ぎたでしょうか?

遅ればせながらこの度初めてちゃんとしたブログに手を出すことにしました。

きっかけは「人はなぜ走るのか」という問いをチョット本気で考えてみたこと。

そして至った結論は「結論は出ない」。

きっとこの先もこの結論は変わらない気がするけど、そこに至る過程で思うことは時々刻々と変化していくのだろうと思います。

その「胸中の変遷」を記録しておきたいという気持ちが起こりました。

そんなわけで内容的には誰かに読んでもらうというよりも自分のための記録簿になると思います。

オッサンが一人で考えたことを勝手に書き殴っていくだけなのできっとつまんないブログです。

文章の内容も画面構成も稚拙です。

楽しい写真や美味しいグルメ情報もありません。

そんな独り言集になろうかと思いますが、僅かでもどなたかの胸に印象を残せるような文章を綴れたら幸いです。


プロフィール

激安焼酎

Author:激安焼酎
何となく申し込んだ東京マラソン2014にうっかり当選してしまい、練習しないわけにはいかんと思い走り始めたのが13年年末。

その東京マラソンを何とか完走・・・そして同時に走る快楽にハマり本格的にランニングを開始。

そして楽しく走りつつも走ることに対していろんなことを思う日々・・・ここでは走りそのものよりも頭の中に浮かんだことを徒然に残していきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。