上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月20日(土)、全日本大学駅伝の予選を観に行きました。
正式名称は「秩父宮杯第47回全日本大学駅伝対校選手権大会関東学生陸上競技連盟推薦校選考会」。
(長い!長すぎる!)

箱根駅伝が大好きな拙筆にとってはその「前哨戦」と言われる全日本大学駅伝対校選手権大会(省略したつもりでもあまりに長いので以下『全日本』と記します)もそれなりに興味の対象ではあったのですが、いかんせん「それなり」・・・その予選とあっては関心の低さは推して知るべし・・・。
しかしひょんなことから初めて「観に行こう」ということになったのです(余談ですがお一人様です)。



さてこの関東学生陸上競技連盟推薦校選考会(これもあまりに長いので以下『予選』と記します)、会場は横浜市・日吉にある慶應義塾大学日吉陸上競技場でした。
ご存知の方も多いかも知れませんが受験生の多くが憧れるあの慶大の日吉キャンパス、その中ににある陸上競技場です。
代々木ゼミナールにストレートで入学した私にとってはこれまで全くの無縁の地・・・到着したらまずはこんな写真を撮ってしまいました ~ 慶應義塾の校章です。

慶應義塾校章



さてさて、そんな拙筆の脳みその露呈はさておき、この予選の概要を説明しておきましょう。

① 予選通過校は11月に開催される全日本に参加できる。
② 予選参加校は20校。その内9校が本戦に参加(予選通過)できる。
③ 予選競技種目は10000mのトラックレース、4組実施。
④ 競技方法は各組1校2名ずつ出走、つまり各大学2名×4組=8名が出走。
⑤ 選考方法は各校全8名の合計タイムによる。

と、堅苦しく列記してみましたが、このブログではレース内容そのものという難しいものにはほとんど言及いたしません(笑)。
そんなことは陸上競技雑誌やテレビの専門家たちにお任せします ~ 恐らく来月中旬発売の陸上雑誌に掲載されますし、本戦直前にテレビ朝日系列で全国ネットにて番宣が行われると思うのでレース詳細や総括はそちらをご覧下さいませ ~ 嗚呼なんて美しき分業(なんて醜き不戦敗(T_T))。

ここでは拙筆独自の視点で観戦指南を試みたいと思います。
そしてテレビや雑誌では分からない《裏側》をつまびらかにしたいと思います。



まずは会場の開場(声に出して読みたい日本語・・・声に出すとオヤジギャグが発覚する日本語)は14時00分。
第1組のスタートは17時00分・・・つまりスタート3時間前開場です。
(参考までに以降の組のスタートを記しておきますと、2組17時40分、3組18時20分、4組(最終組)19時00分・・・すなわち40分ごとのスタートです)

私が会場入りしたのは15時45分頃、つまりスタート1時間15分前、そこここにTVクルー、全日本予選とはいえ注目度の高さをあらためて実感します。

場内には洋楽のBGMが流れています。
協賛のJAバンクのブースではキャンギャル的な女性(正確にはキャンギャルでもないのにこの予選会場に動員されてしまった一般職員)がカメラに収まっています。

ワクワクしながらメインスタンドへの階段を昇り観戦場所を物色します。
この時はメインスタンド最前ブロックはほぼ満員でしたが、その他はまだそこそこ余裕がありました。

おっとその前に大会本部でこの予選のプログラムを購入しました ~ 税込500円 ~ 駅伝好きには観戦の必須アイテムだと思います。

全日本予選プログラム表紙


表紙はカラー印刷で結構ご立派です。

そして自身の観戦場所を定め腰を下ろして即座に感じたこと・・・「ケツが痛い」・・・あ、痔の話ではありません・・・素朴度100%のコンクリートの観客席・・・座布団必携です。
※あ、ここは試験に出ますよ!



会場の様子をデジカメに収めたりプログラムに目を通したりしてる間に時間はどんどん過ぎて・・・。

BGMの雰囲気が変わり静から動へのイントロ・・・U2の「Where the Streets Have No Name」♪
U2好きな拙筆は個人的にテンション急上昇!!!
そして第1組の選手たちの登場!
若い学生たちにしては粋な演出♪

1組選手登場


凛々しい姿のその手には各自の手荷物・・・アマチュアスポーツであることを思い出させてくれて何だか微笑ましくなった光景です(写真に収めることはできませんでしたが、第2組以降はカートに入れて大会スタッフがまとめて運んでいました)。

気付くとメインスタンドは満席状態。
1・2コーナーも一般来場者向けに開放されていたのですが、観戦しやすい場所は全て人で埋まっています。
大学駅伝人気、想像以上です。

対面のバックストレート側の観客席は各大学の応援席になっているのですが、当然そちらもギッシリ。
皆スクールカラーのウェアを着ているのでキレイに色分けされたようになっています。

2コーナー寄り
バックスタンド2コーナー寄り

3コーナー寄り
バックスタンド3コーナー寄り


そうこうしてる内に1組スタート。
そしてすぐに気付いたこと・・・ストップウォッチが必須です。
※ここも試験に出ますよ!

ゴール地点にデジタル時計はあるもののKY(死語となってますが「空気読めない」)審判が邪魔して見えません。
それによしんば見えたとしても1千mごとのラップは分かりません。
なのでレースの動向をきちんと把握するにはストップウォッチは持参すべきでしょう。

余談ながら拙筆の前席に陣取っていた陸上ヲタク的な男性はしっかりストップウォッチを持参していました ~ さすが!

1組レース光景



1組が終わり2組の選手たちが登場してきた頃、つまり17時35分頃、まだ暗さは感じませんがナイター照明が灯りました。
さらにテンションが上がります!

そして陽の傾きと共に気温の低下を感じます ~ 夏とは言え屋外でのスポーツ観戦には風を通さないものを用意した方が良さそうです。
※これも試験に出ますよ!



失礼ながら2組・3組は特筆すべき事象は無く過ぎ、運命の最終4組へ。
正直1~3組はレース的には魅力を感じませんでした。
各校の監督からの指示なのか選手自身の判断なのか、慎重なレース運びばかりが目立ち終盤8~9千mまでは動きは無く、ラストだけペースが上がるというタイムより順位優先と思われる展開が続いていたのでした。



しかし最終4組は明らかに展開が違いました。
この組を走る二人のタイムで最終成績、つまり全日本予選の当落が決まるわけで、序盤からハイペースでの走りが見られました。

でもこの興奮のレース内容はやはり私が言及すべきものではなく専門家に委ねるべきもの。
拙筆がすべきは観戦指南・・・。

突然ですが皆さん、日々の生活の中で二十四節季は大切にされてますが?
この予選の6/20は夏至の二日前、つまり日没は非常に遅い・・・言い換えると最大級に遅くまで明るいのです。

とはいえこの4組のスタートは19時ちょうど、ほぼ夏至とは言えどもさすがに夜の帳(とばり)が降りてきます。
ここで欲しくなるのはLEDライト。
もちろんLEDである必要はないけど、ストップウォッチを持参するなら懐中電灯的なものは必須です。
トラックはナイター照明で照らされているけど観客席は暗く、ストップウォッチの液晶画面は視認しづらいのです。
※これも試験に出ますよ!今日は大サービスですね!

そして4組で注意を払わなければならないのはレース展開。
1~3組は終盤まで先頭は大きな集団で進みます。
なので周回遅れはあまり起こらず順位把握は容易です。

しかし4組は最初からハイペースで展開、大半の選手が周回遅れにされるという事態になりました。
こうなると誰が何周目を走っているのか把握が困難になります。
なので先頭以外の選手に注目している場合には周回数に注意を払い続けなければなりません。
こうした場面でもストップウォッチで独自にラップを取ることは有効だと思います。



さて、レースは19時半過ぎに終わり、運命の結果発表を待つことになります。
でも観客の大半はレース終了と同時に帰途に就いていきます。
皆さん何らかの手段で結果を把握されてるんでしょうかねぇ?
単純に全選手のタイムを足し算すれば結果は明快に分かるので集計しつつ状況を把握されているのかも知れませんね。

でも私はそれも叶わないのでスタンドで待つことしばし・・・まずは4組の結果が発表され、さらに待つことしばし・・・ちょうど20時ころようやくホームストレートに置かれたスタンドマイクに学連役員(学生さんです)が出てきて予選通過校が発表されたのでした。

結果は主催者発表のものでご確認ください。(←公営ギャンブルのテレビ・ラジオ中継お決まりのセリフ)

関東学生陸上競技連盟URL
http://www.kgrr.org/



結果発表が終わり私も帰途に就いたわけですが、会場を出るところで最終出走ランナーの掲示を発見しました。
当日変更があったメンバーはピンクの紙で氏名が告知されています。

出走者最終リスト


箱根駅伝も同様の手法で当日変更の選手が発表されます。
掲示にピンクの紙が貼ってあるのををテレビ中継で見て記憶にある方もいらっしゃるかと思います。

ところでこの掲示、うっすら何か透けて見えているのが分かりますか?
ということでテントの中に入って見てみるとこのようになっていました。

裏側


なんと今年の箱根駅伝のポスターの余りの再利用だったようです。
経費節減というかエコというか手作り感というか・・・。

これこそが拙筆が最後に見つけた全日本予選の《裏側》でした(*^^*)



おっとっと、まだ終わるわけにはいきません。
本文中に何カ所かで試験に出るポイントを紹介しましたよね。
ということで期末試験です。

Q:全日本予選の観戦に赴くに当たり盲点だけど必須となる3つのアイテムはなんでしょう?

答えられない方はもう一度読んでやってくださいませ


スポンサーサイト
プログラム@関東マスターズロード選手権



昨日(6/7(日))のことになりますが、ハーフマラソンに参加してきました。
大会名は「第17回関東マスターズロード選手権大会」。



マスターズってどんな印象でしょうか?
そもそもマスターズってどれくらいの認知度なんでしょう?

私の先入観としては「老人がやるカテゴリー」というのが正直なものでした。
スポーツニュースで「○○○さんが××歳で100Mの世界新記録を樹立されました」などと報道されるのは80代とか90代とかの高齢の方ばかり・・・なので高齢者向けってイメージが作られちゃうのも仕方ないですかね。

でも意外なことに若くても参加できるんです。
陸上競技としての大会ではクラスが5歳刻みで分けられているのですが、25歳未満というものもありまして、さらに精確に言うと18歳から入会可能です。

その他イメージとしては「ガチな感じ」があるでしょうか。
そのイメージは私から見ても正しいように思います。

そして市民ランナーとは違う世界で行われているような印象が無いですか?
実際陸上競技の大会は基本的には登録しないと参加することができません。

でもランニングの領域に関しては広く門戸が開かれており、今回開催されたようなロードの大会は登録の無い一般の市民ランナーも参加できます。
東京マスターズ陸上競技連盟のサイトからもエントリーできますが、ランネットでも扱っています。
実際に私も登録しているわけではありませんし、ランネットからエントリーしました。

トラックの大会でも原則登録者しか参加できないのですが、長距離種目に限っては一般からの参加も受け入れている場合もあります。



さて、今回私が参加した大会「関東マスターズロード選手権大会」の具体的なお話に入りたいと思います。
会場は東京・立川市の国営昭和記念公園。
箱根駅伝が好きな方には馴染みがあると思いますが、予選会のコース後半、そして運命の結果発表が行われる場所です(ただし今回のコースはその予選会とは別物です)。

部門は5K、10K、ハーフマラソンの3種目。
それぞれの参加人数はこんな感じです↓↓↓

男子 5K= 83、女子 5K= 23
男子10K=157、女子10K= 41
男子ハーフ=370、女子ハーフ= 68

全種目合計は742名。
内マスターズ登録者は113名、約15%です。
つまり85%ほどは一般の参加者です。
ちなみに定員は1500名・・・かなり余裕が有ります(^-^;

コースは公認、マスターズの大会は規則面に関してはガチなのでそこは絶対です。

記録計測はナンバーカードに貼り付けられているタイプのタグを使っていますが、併せてナンバーカードのバーコードでも管理されていました。
システム的にどうなっているのか分かりませんが、厳重にバックアップされているのはさすがです。

ちなみにネットタイム計測はありません。
人数最多のハーフでも438名、ロスは最後尾スタートでも数十秒なので問題にはならないでしょう。



その他サービス面に関しては、女性の更衣室は仮設テントで用意されています。
女子合計が132名から考えると充分な大きさではないかと思います。
男の子は男らしく裸体を衆目に晒しましょう!?

荷物預かりは貴重品以外のものを預かってくれます。
ただブルーシートの上に野ざらし・・・昨日は晴天だったから問題無かったけど、雨が降ったらどうするんだろう?

ちなみに預けずにその辺に放置する人も多かったし、私もそうしました。
スペース的には結構余裕あります。

トイレは公園の既設のものだけで仮設トイレは皆無です。
最寄りのトイレは若干混んでいる時間帯もありましたが、許容範囲内ではないかと感じました。
立派な公園なので少し歩けば他にもトイレは沢山あります。

そして出店的なものも皆無です。
公園としての自販機があるだけ・・・酒類は扱っていません。
レース後ただちにビールを飲まないとやばいことになる人はクーラーボックスに缶ビールを仕込んで乗り込みましょう。

参加賞はTシャツです。
白地に左胸部分に大会名のロゴが入っているだけ・・・一言で言うと・・・地味です。

参加賞Tシャツ@関東マスターズロード選手権


実はこう見えて背中にオシャレなプリントがあったり・・・しません(笑)
良く言えばシンプル・イズ・ベスト ~ ただいつ着るべきか頭を悩ませています。

ちなみに入賞者の賞品は日本茶(ペットボトルとかではなく茶葉です)・・・渋っ!
優勝者には金メダルも授与されます。



参加賞Tシャツが象徴するように大会全体の雰囲気も地味です。

写真はフィニッシュエリアなのですが、計測器具があるだけでゲートなんてありません。

フィニッシュ地点@関東マスターズロード選手権


次の写真は開会式の様子。
小さくしか写っていないけど中央が挨拶をする大会会長、奥に見えている青いテントが大会本部です。

開会式@関東マスターズロード選手権


大会役員もスラックスにYシャツ&ネクタイ&ジャケットという制服姿 ~ お堅い雰囲気です。

この大会、ていうかマスターズの大会、ゲストランナーなんて当然いません。
開会式はやけに参加を呼び掛けられますが、ひたすら役員や関係者のお堅い型通りのご挨拶が延々と・・・一応私は出席しましたがメリットは何も感じませんでした。



何だか批判めいた内容になってきた感じですが、私の気持ちはそんなことないですよ!
何より長年の実績があるので運営はしっかりしてるし安心感・安定感があります。

たしかに派手さは皆無だしお堅い雰囲気、仮装なんてもってのほかって感じです。
だけど人が多くて何をするにも大変なマンモス大会には無い魅力も大いにあると感じています。

役員だって制服姿の集団を遠巻きに見てると近寄り難い感じがするけど、話しかけてみると皆さん気さくです。
厳格な大会運営を何より重視しているのでどうしてもお堅い感じになってしまうけど、悪い人たちではないんです。

そして何だか敷居が高いと思われているであろうマスターズの大会ですが、制限時間は厳しくはありません。
10Kは1時間20分、ハーフマラソンは2時間40分。
さらに注釈として「制限時間を超えると競技の進行状況を見て審判長は競技を中止させます」とあります。
つまり「制限時間オーバー=即失格」ではなく、状況が許せば競技は続行されるのです。
実際制限時間を超えて歩くように走り続けているおばあちゃんがいらっしゃいました。

それからこの大会は各クラス5位までが入賞扱いでした。
この参加人数で5歳刻みで分けると結構ハードルは下がります。
特に女子は人数が少ないので入賞のチャンスは大きいと思います。

お祭り気分は味わえないけど、純粋に記録を狙うには良い大会だと思います。
参加者もその辺のことを理解している人が多いようで、マナーの悪さが目に付くことはありませんでした。



今回初めてマスターズの大会に参加したかのように書いてきましたが、実は昨年11月にトラックの記録会(10000M)に参加しています。
その時に気に入ったので今回もエントリーしたという経緯があります。

なのでもっと多くの人たちにマスターズを身近に感じてもらいたいなと思っています。
もし良ければ出場大会の候補に入れてみませんか?!

そんなわけで、ある種CMな今回の記事でした♪
もちろんマスターズはこんな私に1銭も出してくれてませぇん(*^-^*)



日本マスターズ陸上競技連合
http://www.j-master.gr.jp/index.html

東京マスターズ陸上競技連盟
http://www6.ocn.ne.jp/~tomaster/


先日、某大会に出場してきました。
今回はそのレース内容の詳細な分析・・・ではなく・・・そこで感じたこと、考えたことを書き連ねてみたいと思います。



私はその大会の10Kの部を走ったのですが、その前に「親子funランの部」というものがありました。
親子ペアで走るというもので、子供の範囲は3歳~小学生と定められていました。

なので106歳のお父さんと81歳のお嬢さんのペアがギネスの認定を受けるとか、17歳のリーゼント頭の息子が非行から立ち直って42歳の母親とむせび泣きながら手を繋いでゴールする・・・といった感動ドラマなどは期待できませんでした。

距離は1Kと3Kの2種目あったのですが参加人数は少なめで、その分ユルユルほのぼのした空気でのレース・・・というかイベントになりました ~ まさに「funラン」の名は体を表すって感じでしたね。



さて話は飛ぶのですが、昨年(2014年)10月にとある県に遠征して「ファミリーマラソン」と名の付く大会に参加したのですが、そこで非常に印象に残った光景がありました。

スタート&フィニッシュは陸上競技場だったのですが、トラック部分の大半に自由に出入りできるというこれまたゆるい雰囲気の大会でした。
そこを子ども達がキャッキャ言いながら駆け回っていたのです。
多くはちゃんとトラックのレーンに沿って。
活き活きした彼ら、彼女らの表情はとても新鮮であり、且つ衝撃的でした。

その姿に「走りたい」という衝動が抑えられず溢れ出しているというパッションを感じました。
それはまさに【動物】の姿でした。
(でもレーンに沿って走っている辺りきちんと競技を認識しており、【人間】も垣間見えたりもしてましたのもおもしろかったです)

そこで私にはひとつの仮説が思い浮かびました ~ 『人が走るのは本能からなのではなかろうか』

動物は走ることが宿命づけられている面が多々あります。
肉食獣が獲物を追いかけるとき、草食動物が追っ手から逃れるとき。
すなわち両者とも生きるため、種の保存のために走っているのです。

ただそれ以外にも動物が走る光景は見られます。
犬や猫を始め、愛玩動物も無意味に(無邪気にというべき?)駆けます。
ナマケモノのような羨ましい例外もいますが、基本的には走ることが好きな動物は多いような気がします。

「人はなぜ走るのか」という問いはランニング開始当初から考えていたことではあるのですが、本能説を思い付いて以来自分の中でひとつの答え、さらに言うと結論が出たような錯覚に陥っていました。
でも一方で「そんな簡単に答えが出て良いもの?」という疑心暗鬼な気持ちも自分の中にくすぶっていました。



それからしばらく・・・おそらく数ケ月経ったある日、ふと頭に浮かんだことがありました。
「やはり動物の走りと人間の走りは違う」
本能説はあっさりと覆ることとなりました。

動物はたしかに走るし走ることが好きそうです。
でも必要以上には走りません。
もっというと辛い思いを我慢してまで走りません。
言い換えると彼らは長距離は走らないのです。

きっと動物には身体を動かすことの爽快感・疾走感を享受する感性は備わっているように思われます。
ただ人間がランニングで感じる『達成感』という概念は無いのではないでしょうか。
その前提としてあるであろう『自己への挑戦』という心境も持ち合わせていないでしょう。



さて、話を飛ばしたまま放置プレイに晒してしまった冒頭の「親子funラン」ですが、子どもたちはみな実に楽しそうに走っていました。
ま、学校の体育の授業とかと異なり出場は義務ではないわけで、もともと長距離を走ることが得意、もしくは好きな子どもが多いとの想像は難くないのですが(むしろ頑張っちゃってバテバテの父ちゃんの方が目立っていました(笑))、それにしても楽しそうな雰囲気は印象的でした。

そこで浮上したのは「やはり走るのが好きなのは本能的なものなのか?」という迷い・・・。
余計に分からなくなってきて、「本能?違う?」というスパイラルに陥っています。



今回の結びとしては「結局のところ分からない」
でも今日この時点での自身が考えていることを書き留めておきたくて取りとめの無いまま書きました。
ある意味単なる自分のためのメモです。
なのでこんな感じで尻切れトンボに終わっていく回は今後もかなり多く見られると思います。
愛想尽かすなら今の内ですよぉ~(^-^;

あ、最後になりますがこの記事、全く名は体を表していませぇ~ん♪♪♪




プロフィール

激安焼酎

Author:激安焼酎
何となく申し込んだ東京マラソン2014にうっかり当選してしまい、練習しないわけにはいかんと思い走り始めたのが13年年末。

その東京マラソンを何とか完走・・・そして同時に走る快楽にハマり本格的にランニングを開始。

そして楽しく走りつつも走ることに対していろんなことを思う日々・・・ここでは走りそのものよりも頭の中に浮かんだことを徒然に残していきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。