上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャバクラに続いてマザコンとは???
皆さん、特に女性をドン引きさせるであろう話が続きます・・・恐縮至極ですm(__)m



さて、先月東京マラソン2016の一般申込の受付が行われました。
次回は10回目ということでいろんな企画が用意されているようですね。

このブログを開始当初から読んでくださっている方にはご記憶あるかも知れませんし、プロフィールにも書いてあることなのですが、拙走がランニングを始めたきっかけは2014年の東京マラソンに当選したことでした。
その開催日は2月23日(日)。
今回はその時のお話をさせて頂きたいと思います。



「激安焼酎」という一人の市民ランナーの存在は36000分の1でしかなかったわけですが、あれだけの大きなイベント。
WMM(ワールドマラソンメジャーズ)の一つ、そしてオリンピック・世界選手権へも直結する大会。
報道の扱いも全国生中継。

最後尾付近を走るとは言えこんな大規模なスポーツの大会に参加する機会などそうそうあるものではありません。
当選を知らされた時は自分自身がオリンピック日本代表になったかのような錯覚を覚えるほどの興奮状態でした。



当然のことながらこの大会を一人の選手として最後まで走り切りたいという思いを持っていました。
しかしもう一つ、何としてでも走り切らなければならない理由がありました。



プライベートな話で恐縮ですが、拙走の父親は早くに他界しており、私は母子家庭として育ちました。
物心付いてから高校卒業+浪人の1年を終えるまで、母親との二人暮らしでした。
高校時代、陸上競技部での時間を最も近くで見ていたのももちろん母親でした。

東京マラソン当選を母親に報告すると再び走ることにたいそう歓喜し、さらには観戦のために上京することを即決、恥ずかしいくらいのハイテンションになっておりました ~ オリンピックに出場する息子を応援に行くかのような感覚で(笑)。



その母親の誕生日が実は2月24日、先述の通り大会開催日は2月23日。
つまり2014年の東京マラソンは母親の誕生日前日だったのです。

そこで拙走は無い袖を無理矢理振って広島から2泊3日で母親を招待することにしました。
前日22日に上京、EXPO見学?参加?観光?、23日はレース観戦、24日に帰広、宿泊は四谷三丁目のホテル(偶然にも現在所属のRCの近所)というスケジュールでした。

言うまでもなく3日間の中でメインイベントは23日のレース観戦です。
でも高校卒業以来殆ど走っておらず、この大会に向けてもろくな練習をせずに出場する拙走がユルユルとしか走れないことはあまりに明白。
ならば逆に「時間はあるからいろんな箇所で応援してもらおう」ということで、地下鉄を駆使してコース各所に応援合流ポイントを定め転々としてもらうことにしたのでした。

スタート・新宿→5K付近・飯田橋→16K&18K付近・泉岳寺(往路復路両方)→26K付近・浅草→32K付近・銀座(復路のみ)→フィニッシュ・国際展示場

純粋培養の「おのぼりさん」である母親がこの高度な移動をこなせるはずがなく、拙走の妻に引き連れてもらうことにしました。



そして今回の参加に当たって一つ企んでいたことがありました。
それはフィニッシュ地点でサプライズとして誕生日祝いの横断幕を母親に掲げて見せることでした。

まずはその横断幕を作らなければならないのですが・・・絶望的に絵心が無い、且つ字が下手くそという拙走には自力で作ることなどできるはずもなく、業者さんにお願いしました。

バンテック
http://www.bantec.co.jp/

こんなものを作ってしまったことが何としてでもフィニッシュしなければならなくなった理由です。



この横断幕、サプライズとして用意したものなのでフィニッシュ地点まで母親には当然内緒 ~ 大会当日は小さく折り畳んでウェストポーチに忍ばせてスタートしました。

25K地点、浅草手前までは順調に走りを進めましたが、所詮ろくでもない準備しかせずに出走しているため予定通り終盤失速。。。
まぁ制限時間内に完走さえすれば何でも良かったのでそれぞれの応援合流ポイント前ではノンビリと妻に電話をして場所を確認しながら進んでいきました。



ところが予定外の事態が発覚したのが肝心の横断幕お披露目予定のフィニッシュが近づきつつあった40K付近。
諸々あって銀座からの母親たちの移動が遅れたのもあったのですが、国際展示場への到着がスムーズにいかず、さらに警備の都合なのかフィニッシュ地点の観戦エリアまで辿り着くのがあまりに大変だと言うのです。

自分としてはフィニッシュ直前195Mの花道に設置された特設スタンドに家族が居ることを想定していたのですが、どうもそれは叶いそうにありません。

しかもこのままのペースで自分が走り続けると家族が到着するより先にゴールしてしまう!?という事態になりそうな気配。
それだけは何としてでも避けなければなりません。
仕方なく41K地点、ゆりかもめ有明駅の下に留まって家族の移動完了を待つことに。

若干の路上待機と妻との喧々諤々のやり取りの末にようやく確認できたのが、フィニッシュ地点から700Mほど手前の沿道、進行方向右側に陣取ったとの情報。

その情報を受け満を持して横断幕登場!

横断幕@東京マラソン

風でたなびいているので一部隠れてしまっていますがこんな感じの代物でした。
※フォトサービス・オールスポーツコミュニティーの写真です。

そして家族を見逃さないように大勢の沿道の人たちの前を慎重にゆっくりと進み(もっとも速く走る余力も残っちゃいませんでしたが・・・)、数百メートル進んだところで母親を発見!

息子がマラソン完走を無事果たそうとして安堵しているところに、思ってもいなかった横断幕を目にした母親は大いに驚き、そしてポロポロと泣き始めました。
昔から感激屋さんで何かと言えばすぐ泣く人でしたから、息子としてはこの事態は織り込み済み。

それにしてもあんまり泣くもんだから近くで観ていた関係無いおばちゃん達までもらい泣きする始末で・・・。

その場はしばし笑顔と涙の撮影会場となり、母親と妻のデジカメ、さらにはなぜかそのおばちゃん達のデジカメにまで横断幕と共に収まり、それからようやく再出発。

そして最後の花道をヨタヨタと走り切ってトータル5時間40分の「初めての旅」を無事に終えることができました♪



例年だと母親への誕生日プレゼントは服などの品物を贈っているのですが、この年はフィニッシュ直後にそのまま横断幕をプレゼントとして渡しました。
こうして2014年の激安焼酎の東京マラソンと母親の誕生日祝いとが大団円となったのでありました。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆


このブログは基本的には拙走が脳内で考えていることを徒然に書き連ねることに主眼を置いているため、自分自身の体験・経験などはあまり書かないようにしているのですが、今回は「こんな形で東京マラソンを楽しんでいる人間もいるんだよ」ということをお伝えしたくて敢えて自分のお話しをさせて頂きました。

次回のキャバクラ・・・じゃなかった、東京マラソン参戦はいつ、どのような形になりますやら・・・16日の抽選結果発表を心静かに待ちたいと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

激安焼酎

Author:激安焼酎
何となく申し込んだ東京マラソン2014にうっかり当選してしまい、練習しないわけにはいかんと思い走り始めたのが13年年末。

その東京マラソンを何とか完走・・・そして同時に走る快楽にハマり本格的にランニングを開始。

そして楽しく走りつつも走ることに対していろんなことを思う日々・・・ここでは走りそのものよりも頭の中に浮かんだことを徒然に残していきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。