上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月18日(日)、タートルマラソンに参加してきました。
(日付を記すと遅筆が際立ちます(汗))



出場種目はハーフマラソン。

目標はPB更新で、そのタイムは・・・。

ここはそんな話をするブログではありません(笑)。



この大会の正式名称は・・・

第44回タートルマラソン国際大会 兼 第18回バリアフリータートルマラソン

大会公式サイト
http://turtle-marathon.jp/



『バリアフリー』

つまり障害がある方もウェルカムな大会なんです。



視覚障害者をはじめとして伴走が認められている大会は珍しくありませんが、ここまで大きく掲げているものは少ないと思います。

そんなところにも興味を引かれ、今年初めてエントリーしました。
(「初めて」と言ったってそもそもランニング歴が2年にも満たないだろ、というツッコミはスルーします(笑))



『バリアフリー』と謳っているだけあって、大会要項を見ても他とは異なる部分に気付きます。

まずハーフマラソンの制限時間が3時間30分。

これは私が知る限り国内最長です。

そもそも市民ランナー相手のフルマラソンですら『制限時間7時間』はそれほど多くはありませんから、これがいかに長いかは実感されやすいと思います。



そしてさらに『アーリースタート』なるものがあります。

元々制限時間が長い設定ですが、その時間内に走り切る自信が無いという人のために、早い時刻でのスタートが認められているのです(アーリースタートには事前登録が必要です)。

最も早い通常スタートはハーフマラソンの10時00分なのですが、それより1時間10分早い8時50分スタートという選択肢が用意されているのです。



どの大会にもある『注意事項』ですが、この大会の最初に記述されているのは

「本大会は、健康と親睦を目的とし、順位や記録を競う大会ではありません・・・(中略)・・・優勝者や入賞者の表彰はありません」

そういう大会なんです。



『バリアフリー』の精神はハード面にも表れており、レース会場に必ずと言って良いほど付き物の仮設トイレも車いす対応のものが設置されていました



私は最初にスタートするハーフマラソンに出場し、単純折返しコースのために様々なランナーとすれ違ったり追い越したり追い抜かれたりしました。

よく見られる目が不自由な方と伴走者というペアはもちろん大勢いらっしゃいましたし、車いすの方、メンタル面の障害の方(伴走者がいてビブスを付けているので分かります)も多かったです。

いわゆるテレビの中継などで見るような競技としての「車いすマラソン」とは異なり一般的な車いすで走る方も多く、なかには伴走者(この場合車いすを押す人)と一緒の方もいらっしゃいました。

これって海外では当たり前の光景のようですが、日本ではあまり見ないですよね。



そして車いすで仮装してる方もいました。

これにはハッとさせられました。

身体が不自由であっても仮装を楽しみたいという気持ちがあって当然。

でも自分の中ではそんな当たり前の発想がありませんでした ~ そんな自分に恥ずかしさを覚えた瞬間でした。



参加者の皆さんはそれぞれ目指すものを持ってレースに臨まれていたはず。

そしてその根底には、形はどうあれ、何らかの「楽しさ」があるのだろうと思うのです。



走ることの楽しさはどんな人であれ享受する権利が与えられているということをあらためて思い知らされました。

否、走るだけではなく、歩きだって構わないのです ~ 現にこの大会では「ウォーキング」という種目があり、スタート時間・場所もランと同じです。

もっと言えば「走る」でもなく「歩く」でもなく、「自らの意志で進む」という行為に人間を高揚させる何か「歓び」があるのだと思います。

そこには「本能」と言っても良い根幹があるような気がします。



このブログが産まれた源泉には「人はなぜ走るのか」という問いがあるわけですが、今回の大会参加で見た様々な光景、様々な姿には、私に新たな視点を与えてくれたような気がします。



どの様な心身の方も広く受け入れようというこの大会は多くの感銘を与えてくれました。

この様な大会が増えてほしいと願う一方で思うことがあります。

『バリアフリー』を殊更に謳わずとも気軽に普通に大会に参加できる。。。「兼~」とわざわざ付け足さなくて良い。。。そんな時代がやって来ることを祈ります。



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

スポンサーサイト
東京マラソン三部作を終えてこのブログにも一区切り付けることにしました。

どれくらいの影響・効果があるのか分かりませんが、より多くの方にお読み頂けるように宣伝活動をしてみることにしました。

ブログをやっておられる方ならかなりの割合でご存知かと思われますが、「にほんブログ村」というものがあります。

にほんブログ村
http://www.blogmura.com/

正直まだ全くと言って良いほどブログ村の仕組みを把握できていないのですが、今後拙走のブログには下のようなバナーが付きます。

良かったらポチッとして頂けると尻尾を振って悦びますので、よろしくお願い致します(*^-^*)♪



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


2013年の9月の終わり、翌年の東京マラソン当選の通知が来て、フルマラソンの壁はとてつもなく高いものとして胸中に聳え立ちました。



高校時代に陸上競技の長距離の経験はあるもののブランクは四半世紀・・・それだって専門種目はトラックの5千㍍・・・フルマラソンは当然「完走するのが精一杯」の競技だと思いました。

なので目標も「とにかく完走」。

目標タイムは7時間‥‥つまり制限時間内でフィニッシュできれば何でもOK・・・というかタイムを考えるなんて発想はとても生まれませんでした。



ある程度の距離までは走れる、でも42.195キロ全部を走りきることは難しいだろう。

そんな見通しでスタートした初マラソンは中間点を過ぎると案の定失速‥‥でもどうにかこうにか脚を運び残り1キロ付近、完走が見えてきたところで諸事情あり一時走りを(歩きかな?)止める必要が生じました(「諸事情」については前回の日記『マザコン?』をご参照ください)。



そこでぼんやり脳裏に浮かんだこと・・・「ウルトラマラソンやる人間の気持ち分かるわ」。

フルマラソンが体力の限界だとイメージしていた自分にとって、失礼ながらウルトラマラソンを走る人は頭がおかしいと本気で思っていました。

でもフルマラソン完走が現実になろうとした時に「これはまだ限界ではないな」と感じたのです。



誤解なきように申し上げておきますと、当時自分に余裕があったわけでは断じてありません。

脚は動かずいっぱいいっぱいでのフィニッシュでした。



でもたった2カ月の、質も量も最低の練習で無謀に挑みましたが、覚悟していたほど無残な姿にはなりませんでした。



走る前は「フィニッシュできたら感動で泣いちゃうのかも」なんてことも想像したりしました。

そして実際に迎えたフィニッシュ。

意外にも拍子抜けするほど淡々とした気持ちでラインを跨ぎました。



壁の如く高いものと感じていたフルマラソン、だからこそ完走を最大最高の目標として挑戦しがいがある競技だと考えていました。

でもゴールした時、高く聳え立っていた壁は手を伸ばせば届き乗り越えられるものになりました。



その瞬間、自分にとってマラソンはつまらないものになってしまいました。



そして同時に「これほど気持ちの良い世界がこの世にあったのか」ということを知ってしまったのです(前々回の記事『キャバクラ説』をご参照ください)。



そんな自分は「きちんと走力を付けたい」という思いに至りました。

それは「速くなりたい、良いタイムを出したい」ではなく、「もっと余裕を持って大会を楽しみたい」という気持ちが源です。

併せて「本当の限界を見てみたい」という思いも生じました ~ 一体どこまでの距離を走れば完走するだけで泣けるのか?という興味からです。

そして高校生時代まで抱いていた「走ることは楽しい」という思いも明瞭な姿で甦りました。



こんな楽しいことをやらないわけにはいかない!



東京マラソンを終えるまでは「走ってみたい」というのが走る動機でした。

でも走り終えてみてその気持ちは「走りたい」に変化していました。

ゴールしたことが走りたくて走るスタートになったのです。



偶然にもこの大会のEXPO会場でこれと同じことを言っているおじさんに会っていました。

ゴールはスタートなのだ

CW-Xのブースに掲げてあったこのパネル、これを撮った時には単に面白いと感じただけで言葉の意味はピンと来ていませんでした。

だけど東京マラソンを走り切って、ようやくその意味を頭と心と体で理解できました。



マラソンがつまらなくなった日。

それは本当の意味での「走ること」が始まる日となったのでありました。


  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆


ここまで3回にわたって東京マラソンについての話をさせて頂きました。
「東京マラソン三部作」と自分の中でだけ勝手に呼んで・・・。

2016年大会は申込みはしたものの予定通り(?)落選しました。
でもお一人でも多くの方に、国内最高峰と言って良いであろうこの大会で感激を味わって頂きたいと願っていますm(__)m
プロフィール

激安焼酎

Author:激安焼酎
何となく申し込んだ東京マラソン2014にうっかり当選してしまい、練習しないわけにはいかんと思い走り始めたのが13年年末。

その東京マラソンを何とか完走・・・そして同時に走る快楽にハマり本格的にランニングを開始。

そして楽しく走りつつも走ることに対していろんなことを思う日々・・・ここでは走りそのものよりも頭の中に浮かんだことを徒然に残していきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。