スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャバクラ説

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
東京マラソンはキャバクラだ!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



激安焼酎はいきなり何を言い出したか、とうとう頭がおかしくなったか、と思われているでしょうが、これは私が去年(2014年)の東京マラソンを終えて少し経ってからずっと真剣に考えている自説です。
(頭がおかしいのは当たらずと言えども遠からず‥‥え、当たりそのもの!?)

でも読んでくださっている皆さまからしたらサッパリわけが分からないので、当然「その心は???」ってなりますよね?!



冒頭の説をもう少し噛み砕きますと『東京マラソンとは10,800円で7時間飲み放題食べ放題のキャバクラだ』というものです。



これでもまだちっとも意味が通じないですよね。

察しがついている方もいるかと思いますがそれぞれの要素を説明しますと、7時間は東京マラソンの制限時間を、10,800円は参加費を、飲み放題食べ放題は公私双方を含めたエイドを意味しています。



想像してみてください。
もし料金が均一で7時間まで居て良いキャバクラがあったらどうしますか?

3時間で帰りますか?
4時間も残すなんて勿体ないことをしますか?
制限時間の7時間いっぱいまで楽しもうとしませんか?
しますよね?!



つまり東京マラソンも7時間めいっぱい楽しもうよ!ということなんです。

「7時間」という時間は「7時間で走り終わらなければならない時間」ではなく、「7時間コース上に居る権利を与えられた時間」と捉えることもアリなのではないか、と思うのです。

せっかくこんな素敵且つ稀有な権利があるのに、SUB3、SUB4、SUB5‥‥なんてやっちゃうのは勿体なくない?ってことなんです。



もちろんこんなことを考えているからって記録を狙って走る人を否定するつもりは毛頭ありません。

現に私自身も記録向上を目指して日々練習しているわけですし、いつかはPB更新を狙って走りたいとも思っています。

でも今の自分にとって東京マラソンは『キャバクラ』と呼びたくなるほどの悦楽を味わえた特別な場であり時間なんです。



昨年2014年の東京マラソンを走りゴールを迎えようとした時、自分の中では達成感ももちろんあったのですが「もう終わってしまう」という寂しさも去来していました。

そして走り終わって考えたことは「もっとマラソンをラクに楽しみたい」ということでした。

すなわち、「タイムを縮める」のではなく、「苦しまずにフルマラソンを堪能する」という目的のために走力を上げたい、という思いに至ったのでした。

その後月日を経て、気付けばいつの間にか記録を考えて走る人間になっていました。

でも東京マラソンで味わった悦楽はランニングを始めた“原点”として、胸の中の一番目立つところに常に掲げていたいと思っています。

そして同時に、私の人生にこれだけの大きなインパクトと変化を与えてくれた東京マラソンには最大級の感謝の念を抱いています。

なので、ボランティアを含めた沿道の方々にほんの僅かでも良いので喜んでもらいたくて、同時に自分自身も余すところなく楽しみたいという思いから、次に東京マラソンに当選したらファンランに徹して走ると決めています。

加えて、何らかの形で感謝の気持ちを表現したい、とも考えています。

可能な限り、たっぷりの時間をかけて・・・。



もうお気付きの方もいらっしゃると思いますが、このブログ自体のタイトルにある「悦楽」という熟語は、初フルマラソンとなった昨年の東京マラソンで享受した快感が由来です。

それは私にとって、ランニングという歩を踏み出すきっかけとなった“原点”なのです。



それだけ強い思い入れのある東京マラソンですから当然次回(2016)に向けても申込みは致しました。

42.195㎞の世界一長いキャバクラ~もしそこへの入店許可を頂けたなら、前回出場時より高い走力を以て隅々まで豪遊し尽くしたいと今から意気込んでいます♪


++++++++++++++++++++++++++


ところで‥‥
「こんなブログを書くってことは激安焼酎はキャバクラ通いしてるのか?」って?!
それは野暮な詮索ってものですよぉ~(*⌒▽⌒*)

スポンサーサイト
コメントの投稿
非公開コメント


激安焼酎さん、

キャバクラ発想。
「女子」的には、タイトルは「引きます」が。。。

おっしゃることの意味は、とてもよくわかります。
「東京」という巨大な街の通常の都市機能を止め、一大歩行者天国ならぬ、一大ランニング天国にしてしまうわけですから、この貴重な時間空間を目一杯楽しまずして、何を楽しみましょう?という考えが自然と湧いてくるのも頷けます。

では、私がもし、来年の東京マラソンに当たったら、どうするだろうかと考えてみました。
そして即答。
まだまだ、ファンランで走る余裕がありません。
「東京」であれどこであれ、やはり、自分の持てる力を出し切っちゃおうと必死に走ってしまう気がするのですえ。

でも、あるランナーさんが
「自己ベスト」への大会は、ひとつに絞りなさい、そして、予備の大会もひとつ用意して。
と「メリハリを持って」大会をデザインするよう仰るのをふと、思い出しました。

まっ、当たった時に、
改めて考えてみますけれど、ね。
(今日8月17日はプレミアムメンバーの当落決定日!)

No title

自分はまったく同じこと考えてましたから、タイトル見た瞬間「はは~ん」となんとなく察しがつきましたよ。
タイムは他の大会で狙えばいいし、だいたいにして東京は倍率10倍をはるかに超える、いわばプレミアムチケット(自分はまだ走ったことない)なんで、早く終えるにはちともったいない!
いつからか、そう思うようになりました。

そういう意味ではすでにキャバクラ『神戸』と『アクアライン』は入店済み!
『アクアライン』ではおそらく誰よりも一番多く、応援に来てくれた人たちとハイタッチ(変なタッチじゃないよ 笑)したと自負しております。

ただ最近はクラブで応援隊を結成し、出場メンバーに声援を送ることで気付かされたことがあるので、少し考えが変わってきました。
それは応援隊が次々場所を移動していくので、あまりのんびり走ってしまうと、ハイタッチしてもらえないのでは…という危惧を抱いております次第です。
応援隊との兼ね合いでどう走るか悩ましいところですが、そんな考えは『獲らぬ狸の皮算用』ってやつですかね(笑)

No title

激安焼酎さん、また面白い視点を披露していただきましたね。
しかし野暮な私にはキャバクラに長居することが目的にはならないなぁ。
出来れば3時間で颯爽と店を後にしたいものです。
「キャバクラの出口」は「ゴール」ではないでしょうからね。
私は「満足」を求めて走っているのかな?
目標とするタイムと、その実現に向けたプロセス、
応援の方々との交歓とメンタル面への反映、
それらはいずれもトレードオフの関係ではないように思います。
自己ベストを追求しながら、それらができた時に至福の感慨に浸れるのだと思います。
今年の東京マラソンでは、足の故障で止むを得ず「ファンラン」と称してハイタッチや各種エイドの食べ放題などをやっていましたが、心は晴れませんでしたね。最後の1㌔だけは偶然同僚とデュエットランを楽しめましたが・・・。

先ほどプレミアム会員枠での東京マラソン2016の落選通知が届きました。
一般枠での当選を祈るばかりです。
来年こそ会心のレースでPB更新したいなぁ。
大舞台はそのためにあると思えるのです、少なくとも私には。。

Re: タイトルなし

マダムさん

やはりタイトルはドン引きでしたか!?(内容もでしょうかね?!)

このキャバクラ説は私の職業にも大きく起因しているようにも思います。
東京の道路に対する思いは一般の方々とは明らかに異質なものがあると思うので、その領域に自分の足で立つという時間は特別なものであろうと考えています。

でもマダムさんはファンランにはしないとのこと・・・それは記録向上を目指しているランナーとして至極真っ当な感覚だと思います。
本文にも書いた通り東京マラソンのコースは記録を狙う価値も大いにある作りだと思っています。

私も次回の当選時はファンラン(というか感謝ラン)に徹するするつもりですが、更に次の当選時には記録狙いでガチで走りたいと考えています(一体何年後のことやらさっぱり見当が付きませんが・・・)。
そのガチランの時に思い残すことが無いように次回は五感全てに東京マラソンを焼き付けます!
(そもそもそれも何年後のことやら・・・)

Re: No title

ツカゴロウさん

タイトルだけでお察しくださったとはさすがです!
いかに足繁く通っていらっしゃるかを物語っていますね♪ ← あ、全くの事実無根の発言です(^_^;)

そして同意見の方がいてくれて心強い限りです~「針のむしろになるかも」と思いながら恐る恐る書きましたから。

14年に走った時もそこそこ写真を撮りましたが、次回はもっともっと撮りたいと思っています。
ASCの写真も何百枚とありましたが、自分目線の写真を撮って残しておくべきだったとチョット悔んだりしています。

ツカゴロウさんは抽選連敗中なんでしたっけ?!
そんなランナーさんも多い中、自分の様なぽっと出の人間が当選してしまったのは心苦しい限りで((+_+))

東京マラソンは沿道の応援のテンションが高いので、タッチどころかハグだってできそうな勢いの人もけっこういますよ~うまくいけば盛り上がるけど、相手の見極めを誤ると通報モノですが・・・。

ちなみにRCの応援団に対しては最初の応援ポイントでだけ会えれば良いと割り切ります。
そんなユルユル走っている人間に声援のエネルギーを使って頂くのはあまりに申し訳無いです。

ところで神戸とアクアラインもキャバクラですか~そう聞くと遠征したくなります。
どんなサービスがあるか今度詳しく教えてくださいませ<m(__)m>

それにしても連敗続きだとキャバクラどころか銀座の高級クラブくらい敷居が高く感じられていますかね?!
早く入店が叶うことを切にお祈りしております☆

Re: No title

なかニイ

やはりなかニイは長居してくれませんか(^_^;)
でもそこは非常になかニイらしい考え方だと思います。
マダムさんにも書きましたが、それがランナーとして正常な姿なのだろうと思います。

防府を出場レースに選ばれる辺りにもそうした考え方が出ているように思います。
15年大会をファンランとして走られたのも積極的選択ではなかったわけで、100%爽快にとは当然いかないでしょう。

自分も基本的には記録追求+達成というものが今のランニングの柱になっており、マスターズ出場はまさにその最たるもの。
以前このブログでも書きましたが、東京マラソンとは対極に位置すると言える、イベント色はそぎ落とされた大会運営です。

陸上部出身の自分としては本来マスターズの空気が普通で、東京マラソンの空気はある意味カルチャーショックでした。
言ってみれば女性と殆ど会話をしたことないウブを絵に描いたような男が、いきなりキャパクラに連れていかれて度肝を抜かれ、そのままハマって病み付きになったようなものです!(^^)!

あ、そうそう、16年大会のプレミアム会員枠での当選はならなかったとのことで・・・自分の周りでも当選の話はまだ誰からも聞いておりません。
自分も含め、一般枠での当選が実現すれば良いですね!
そしてPB更新+ランキング上昇を祈っています☆



全くもっての余談ですが・・・なかニイがキャバクラでおねえちゃんと戯れている姿は・・・全く想像できません(*^▽^*)

No title

ものすごくわかります^^。
以前、ハーフの大会でしたが、ラストランナーが高齢のおじいちゃんで、皆から大声援の中、ヨレヨレとゴールされました。
マラソンってやっぱり普通の競技と違うなぁ・・・。
ってつくづく思いました。

相手と競うわけではないから、格段にレベルの違う人と同じ大会に出ることが出来るし、叩きのめされ自信を無くすこともないし、タイムを狙えは敵は自分だけど、ファンランになったら敵はいないゲームですよね。


でも私のレベルだとフルマラソンは、キャバクラじゃなくて、7時間のお世話つきって感じですね。お世話してもらえる間に走らないと!・・って感じです(笑)。





Re: No title

mitsuさん

ご理解賜りましてありがとうございます!
女性にはドン引きされるものと覚悟しておりました(#^.^#)

ランニングは自分なりの頑張りで楽しむことができる、誰でも勝者になれるというのが醍醐味・・・というか最大の魅力かなと思います。
ファンランに関してはレースを楽しんだ人が勝者ってことなのかなって思います。

7時間のお世話つきって・・・(^_^;)
本文に『女性はホストクラブをイメージしてください』と書こうかと考えたりしたのですが、キャバクラを経験している男性に比してホストクラブの経験がある女性は極めて少ないのではないかと思い、書くのをやめました。

でも名古屋ウィミンズはまさにホストクラブっぽい雰囲気なのではないかと妄想しているのですがどうなんでしょう???

実は今回の東京は『踊る阿呆』に なってしまいました(笑)
まだ、クラブの誰にも伝えてませんが、今日のマラニックでその話題が出て、バレてしまいそうなので、せっかくこの話題を提供してくれた激安焼酎殿にいち早くお伝えしようと…とはいえ、先に他の方にこのコメントみられてしまったら、元も子もないですがf(^_^;

東京マラソンには本当のところ誰より強い想いがあり、とある理由から当たるまで絶対大会に出ない、東京を最初の大舞台にしたいと当初考えていたんです。
だから、激安焼酎殿の話は羨ましく思えるのですが、かれこれフルだけで13回走っている自分には、そんな気持ちがかなり薄れてきておりまして…そんな中の当選、やや複雑な感じです。

でも、そんな頑なさを振り捨てて、フルマラソンに出場したのが4年前の旧河口湖マラソン、今は富士山マラソンですか、この時のランニングが楽しくて楽しくて、ずっとマラソン続けようと思ったんです。

でも、本当に良かったと思うことは、もし頑固に東京マラソンを初舞台に考えていたら、おそらくクラブの門を叩いていなかっただろうし、ということは激安焼酎殿始め、こちらのコメントでもお馴染みのマダムやなかニイにお会いできていなかったことでしょう!
マラソンが繋いでくれた縁、これからも大切にしたいと考える所存です(^-^)/

Re: タイトルなし

ツカゴロウさん

おめでとうございます!!!
超取り急ぎ祝福まで♪

帰省先の広島より

Re: タイトルなし

ツカゴロウさん

あらためまして『踊る阿呆』おめでとうございます!
そして真っ先のご報告ありがとうございました!
22日のマラニックでは皆さんへのご報告もなされたのでしょうか?

私にはRCとは無関係のラン友さんがお一人だけいます。
40代後半の女性でマラソンランキングにも名前が載るような速い方なのですが、東京マラソン初当選は偶然にも私と同じ14年大会でした。
その方はEXPO会場で感激で涙されたそうです。

東京マラソンに思いを馳せつつ13回のフルマラソンを走ったツカゴロウさんにもそれと同じくらいの歓びを味わって頂きたいと思います。
「複雑」な思いもあるかも知れませんが、そんなものは振り払って『踊る阿呆』になり切ってお祭りを満喫してください♪
私は9割の確率で『見る阿呆』になります(^^)v

帰省から戻ってきた東京より

追伸:レベッカは私も好きです~REBECCAⅣとA面ベスト・B面ベスト持ってます♪

No title

激安焼酎殿
お祝いの言葉、有難うございます。
一緒に『踊る阿呆』になれるといいですね。っていうか、是非当選して欲しいんです、選手が少ないと寂しい(-。-)y-゜゜゜。

前述、あんな偉そうなこと書いてしまった自分ですが、いざ当選してみると、やっぱり頑張れの声が多く、ガチランになりそうな気配(~_~;)
意志弱いなぁ~ダハハ

さらには、毎日のように都内を車両で走る仕事でして、東京マラソンコースを通るたび、変な緊張感が身体に走るようになってきました、まだ半年先だというのに(笑)

RC掲示板にはフルマラソン15回と書いてますが、うち2回が≪キャバクラ走法≫という訳で、楽しかった記憶からも、やはり気分的に楽なんでしょうね(~_~;)

能書きはこの辺にして、とにかく半年後に元気な姿でスタートラインから晴れ舞台へと踏み出したいと思う次第です。

Re: No title

ツカゴロウさん

もし私も当選となった暁には謹んで真剣勝負を挑みたいと思います。
どちらがより阿呆になれるかの(*^-^*)

それはさておき、ガチランにするかファンランにするかはまだ決断までの時間はあるのでじっくりご検討頂いて、ご自身が最も楽しめる走り方を決められれば良いのかなと思います。

そこを迷うことも含めて東京マラソンを楽しんでくださいね♪
プロフィール

激安焼酎

Author:激安焼酎
何となく申し込んだ東京マラソン2014にうっかり当選してしまい、練習しないわけにはいかんと思い走り始めたのが13年年末。

その東京マラソンを何とか完走・・・そして同時に走る快楽にハマり本格的にランニングを開始。

そして楽しく走りつつも走ることに対していろんなことを思う日々・・・ここでは走りそのものよりも頭の中に浮かんだことを徒然に残していきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。