スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラソンがつまらなくなった日

2013年の9月の終わり、翌年の東京マラソン当選の通知が来て、フルマラソンの壁はとてつもなく高いものとして胸中に聳え立ちました。



高校時代に陸上競技の長距離の経験はあるもののブランクは四半世紀・・・それだって専門種目はトラックの5千㍍・・・フルマラソンは当然「完走するのが精一杯」の競技だと思いました。

なので目標も「とにかく完走」。

目標タイムは7時間‥‥つまり制限時間内でフィニッシュできれば何でもOK・・・というかタイムを考えるなんて発想はとても生まれませんでした。



ある程度の距離までは走れる、でも42.195キロ全部を走りきることは難しいだろう。

そんな見通しでスタートした初マラソンは中間点を過ぎると案の定失速‥‥でもどうにかこうにか脚を運び残り1キロ付近、完走が見えてきたところで諸事情あり一時走りを(歩きかな?)止める必要が生じました(「諸事情」については前回の日記『マザコン?』をご参照ください)。



そこでぼんやり脳裏に浮かんだこと・・・「ウルトラマラソンやる人間の気持ち分かるわ」。

フルマラソンが体力の限界だとイメージしていた自分にとって、失礼ながらウルトラマラソンを走る人は頭がおかしいと本気で思っていました。

でもフルマラソン完走が現実になろうとした時に「これはまだ限界ではないな」と感じたのです。



誤解なきように申し上げておきますと、当時自分に余裕があったわけでは断じてありません。

脚は動かずいっぱいいっぱいでのフィニッシュでした。



でもたった2カ月の、質も量も最低の練習で無謀に挑みましたが、覚悟していたほど無残な姿にはなりませんでした。



走る前は「フィニッシュできたら感動で泣いちゃうのかも」なんてことも想像したりしました。

そして実際に迎えたフィニッシュ。

意外にも拍子抜けするほど淡々とした気持ちでラインを跨ぎました。



壁の如く高いものと感じていたフルマラソン、だからこそ完走を最大最高の目標として挑戦しがいがある競技だと考えていました。

でもゴールした時、高く聳え立っていた壁は手を伸ばせば届き乗り越えられるものになりました。



その瞬間、自分にとってマラソンはつまらないものになってしまいました。



そして同時に「これほど気持ちの良い世界がこの世にあったのか」ということを知ってしまったのです(前々回の記事『キャバクラ説』をご参照ください)。



そんな自分は「きちんと走力を付けたい」という思いに至りました。

それは「速くなりたい、良いタイムを出したい」ではなく、「もっと余裕を持って大会を楽しみたい」という気持ちが源です。

併せて「本当の限界を見てみたい」という思いも生じました ~ 一体どこまでの距離を走れば完走するだけで泣けるのか?という興味からです。

そして高校生時代まで抱いていた「走ることは楽しい」という思いも明瞭な姿で甦りました。



こんな楽しいことをやらないわけにはいかない!



東京マラソンを終えるまでは「走ってみたい」というのが走る動機でした。

でも走り終えてみてその気持ちは「走りたい」に変化していました。

ゴールしたことが走りたくて走るスタートになったのです。



偶然にもこの大会のEXPO会場でこれと同じことを言っているおじさんに会っていました。

ゴールはスタートなのだ

CW-Xのブースに掲げてあったこのパネル、これを撮った時には単に面白いと感じただけで言葉の意味はピンと来ていませんでした。

だけど東京マラソンを走り切って、ようやくその意味を頭と心と体で理解できました。



マラソンがつまらなくなった日。

それは本当の意味での「走ること」が始まる日となったのでありました。


  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆


ここまで3回にわたって東京マラソンについての話をさせて頂きました。
「東京マラソン三部作」と自分の中でだけ勝手に呼んで・・・。

2016年大会は申込みはしたものの予定通り(?)落選しました。
でもお一人でも多くの方に、国内最高峰と言って良いであろうこの大会で感激を味わって頂きたいと願っていますm(__)m
スポンサーサイト
コメントの投稿
非公開コメント


No title

こんにちわ。

激安焼酎さんの記事を読んで、思い出しました。
私が本当に走りたかった理由を。

そうそう「自分はもっと走れるはず、もっと脚さえあれば」ってそんな思いで頑張ってたこともあったなぁ。

でもケガや低血糖でなかなか思うように練習できないことに嫌気がさしこれも自分の実力と認めるようになりました。

が、なんだかこの記事をよんだらやる気が出てきました。
「完走」じゃなくて脚もっと鍛えて頑張ります!(^^)!。

Re: No title

mitsuさん、いつもコメントありがとうございます!

私のようなおめでたい野郎のブログでやる気を出してもらえたなんてとても意外ですが、とても光栄で嬉しいです♪
この様なコメントを頂戴するだけでも嬉しいことなのに、mitsuさんのブログにもご紹介頂いちゃったりしちゃって恐縮至極です。

でも高い目標を掲げて努力することは美しいことだし達成することによる充実感も大きいけど、「完走」も立派な目標だと思いますよ~。
楽しく永くランニングを楽しむこと、それが一番だと思います(^O^)/


激安焼酎さん、

私のフルマラソンは、その東京マラソンの1ヵ月後、2014年の3月24日「はなもも」でした。
ランナーでもある整体師さんに、「まずは、ハーフでしょう、フルなんて無謀だ」と言われながら、エントリー。
2ヵ月間、私はかなり詰めて練習しました。
勿論、自己流もいいところ。。。
で、余裕はなかった?ものの、「フルマラソンは、そんなに甘くはない」と脅され、「キロ7分で完走を」と言われていたことを無視し、キロ6分でいける!と、勝手に決めて参加しました。
そこんとこだけ?気の強い私は、意地と根性で、ほぼ予定通りに走り、ラスト、トラックでは何人も抜き去り、ゴールの瞬間、「なあんだ、、、」と、激安焼酎さんと同じく、「これは全く限界ではない」と思いました。
相当「ヤナヤツ」ですが、激安焼酎さんと入り口は全く違っても、それが「かけっこ」に魅せられるスタートとなった次第。
全く単調なスポーツなのに、不思議なものですね。
勿論、今は、大地にも、地球にも、人々にも感謝しつつ走っておりますが。。。

No title

RCの中に激安焼酎殿と同じく、陸上部だった人がちょいちょいいますよね。
昔取った杵柄といいますか、距離が違いすぎると言えど、両足2本、前へ歩を進めていくことに関していえば、同じDNAを持っている方々、走りが得意といって過言ではなさそうです。
自分はDNAはまったく持っていなかったことで、かえってマラソンの楽しさを埋め込まれてしまった改造人間型といえそうです。
4年前にフルマラソンデビュー、目標クリアとその楽しさに魅せられて、帰りのバスの中では疲れているのに興奮状態、思いっきりハイになって寝るどころではなく、そんな中ふとある思いが芽生えました。
「辞める理由が見つからない」

それにして久しぶりに見る「ゴールはスタートなのだ!」
自分はこの言葉にしみじみして、しばらくこのブースに佇んでいました。

我々ランナーはみな次のスタートがしたいからこそ、ゴールへと向かっていくんですね。


Re: タイトルなし

マダムさん

初マラソンの模様を何だか同じ次元の人間かのように書いてくださっていますが、拙走のユルユルとはどえらい違いです(#^.^#)

キロ6分なんて走りは全く想像できなかったし、そもそも42キロ全部を走るという発想すら無く、何キロまでどのタイムで走ればあとは歩いても大丈夫、という視点でタイム計算をしていました。

そして実際の走りも、拙走にはラストスパートなんて発想も無いし余力も微塵もありませんでした。

ただその時に抱いていた将来像とは全く異なる今の自分が居て、我ながら変化の大きさにつくづく驚きます。
でも一方で、市民ランナーの真の勝者とは永く楽しく走り続けた者、という芯はぶれさせることなく、自分が目指す道を邁進していきたいと思います。


Re: No title

ツカゴロウさん

ツカゴロウさんも「ゴールはスタートなのだ」をご存知なのですね!
本文にも書いた通りですが、当初は全くピンと来なかったこの言葉がここまで拙走に染み入ることになろうとは全く想像していませんでした。

裏を返せば、陸上部時代に何度も「ゴール」を経験したはずなのに、そこを「スタート」と感じることは無かったということなのだと思います。
そこには走ることは当たり前であって何か考えを挟み込むような余地は無かったのだと思います。

翻って市民ランナーとして走り始めて2年弱。。。心身共に生まれ変わったような今の状況。
その大きな部分は東京マラソン出走時にはゆめゆめ想像していなかったRCへの加入。
文字通り人生が変わりました。
本当に皆さんに感謝です!

ところで、RC監督に「数多くのランナーを見ていて陸上経験者のメリットって感じますか?」という質問をふとした時にぶつけたことがあります。
その答えは「走力に関しては無い」とのことでした(*^-^*)

No title

またまた、捻ったタイトルでしたね。コメントがすっかり遅くなりました。
私はマラソンレースをTVなどで観戦するのは昔から大好きでしたが、あくまでも見るスポーツでした。
東京マラソンの功績は、市井の人間をマラソンの「見るアホウ」から「走るアホウ」になるように促したことではないでしょうか。
私もまさにそのようなアホウの一人でした。市民が参加できる10㎞やハーフのレースが沢山あることも知らずに、いきなり「半分歩いても時間内にゴールに到着できるだろう」との目算で話題の東京マラソン(2010年大会)に申し込むと当たってしまったのです。それから走る練習を始めた次第です。
レース前には心配事が一杯あり、例えば、ゴール後は歩くことも出来なくなるだろうから家までタクシーで帰ることも想定していました。幸い少しだけ練習していたのでキロ6分台でほぼ安定して走ることができ、ゴールした時の感想は『スピードはともかく、後10kmくらいは走れそうだ』でした。
その日からではないのですが、その後、激安焼酎さんと同じように私の中ではフルマラソン完走は「夢・憧れ」ではなくなり、RUN友が出来るとともに、「目標」を持った楽しみであり遣り甲斐に変化していくのでした。ウルトラも同じでしょうね。何事もそうでしょうね。

Re: No title

なかニイ

コメント遅くなったとのことですが、いつになっても頂けるのは嬉しいことです。
ありがとうございます!

何だかなかニイの初マラソンも自分とかなり似ている気がします。
タクシーの話を見て思い出しましたが、東京マラソンの後飲み仲間たちで打上げをする予定でいましたが(飲み仲間の中で偶然もう一人当選していたのです)、自分は心身共にボロボロで何も飲み食いできないかも知れないという不安がありました。
でも実際には元気いっぱい、飲むのも食べるのも全く問題ありませんでした(#^.^#)

そしてもう一つ思い出したことが。
東京マラソン翌日、全身が筋肉痛になり、できそこないのロボットの様な動きをしていました(>_<)
なので「あと10キロ走れる」なんて余裕は自分には全くありませんでした(^_^;)
プロフィール

激安焼酎

Author:激安焼酎
何となく申し込んだ東京マラソン2014にうっかり当選してしまい、練習しないわけにはいかんと思い走り始めたのが13年年末。

その東京マラソンを何とか完走・・・そして同時に走る快楽にハマり本格的にランニングを開始。

そして楽しく走りつつも走ることに対していろんなことを思う日々・・・ここでは走りそのものよりも頭の中に浮かんだことを徒然に残していきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。