スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半生記・前半

前回は初回ということでプロローグ的な内容でお話しさせて頂きましたが、今回もそれっぽい感じで私のランニング遍歴…他のスポーツも含まれるかな…を記したいと思います。

大見得切ってタイトルを『半生記』と銘打ちましたが、もちろんペラッペラの内容です(笑)。

そもそも遍歴なんてものはプロフィール欄に書けば良いようなものではありますが、筆者の思考回路に多大なる影響を与えたはずのものなので、それなりに詳しく述懐しておく必要性があるだろうと思いまして記事として掲載することに致しました。

結構な長さになりそうなので、ランニングを始めるまでと始めてからの二回に分けたいと思います。



一昨年(2013年)の年末からランニングを始めた小生、すなわちランニング歴はまだ1年5ヶ月ほどの青二才ですが、一応陸上経験者だったりします。

その前に出生から辿りますと、1970年代前半に広島県某市で生を受け、小学生時代は剣道やソフトボールをやりました(正直やらされた感の方が強かったかな)。

そして中学校ではバスケットボール部に入ったのですが、田舎ではよくある話で、陸上部のメンバーだけでは駅伝チームが組めないということで臨時に借り出されたりしました。

そんな経緯もあって高校では入学と同時に陸上競技部に入り中長距離ブロックに所属、専門種目は最長の5000Mでした。



よく誤解されるのですが、高校生男子の陸上競技での最長種目は一般的には5000Mです。

トラック競技の最長種目は1万Mというイメージがある方も多いと思いますがそれは大人の大会の話。

インターハイを始めとする高校生だけの大会では一部の例外を除き1万Mは行われません。

将来は変わる可能性もあるかも知れないと個人的には思っていますが…。



さて話を本題に戻しまして…陸上は自分なりに結構本気で打ち込んでいました。

しがない公立高校で自己ベストも平凡なタイムでしたけど、楽しんで駆けってましたね。

中間や期末の定期試験の期間中は部活は禁止されていたのですが、走っては校内放送で叱られ、というのを毎学期繰り返していました。

そんな風に部活を頑張ったおかげで高校卒業後はストレートで代々木ゼミナールに入学できまして、一年間の浪人生活を送った末に何とか大学生になり、それと同時に上京して参りました。



大学に入ると陸上生活とはおさらばしましてサイクリング部というものに入りました。

※「陸上生活とおさらば」といっても別に空中・地中・水中で暮らしていたわけではありませんm(_ _)m

サイクリング部というのはレースをやっていたわけではなく、キャンプなどもしつつノンビリ走るツーリングと呼ばれるジャンルです。

今日のランニングで説明するとマラニックの自転車版というとイメージしやすいでしょうか。

自転車で走りながら景色も楽しみ、美味しいものも食べ、観光もする…要するに自転車旅です。

高校・大学とやってることは幾分異なりますが、長くノンビリ走るのが好きな性分だったと言えると思います。



大学卒業後はそうした走る生活からはすっかり遠ざかってしまっていましたが、職場のサークルでソフトボールや草野球をやったりししてスポーツには時々携わってはいました。

と言ってもメインは終わった後の飲みというとてもお気楽なレベル…中年に向かって身体はすくすくと成長していきましたよ、前後左右に。



そんな中で気付くと世間で始まっていた東京マラソン。

当初から何となく興味はあったけど、陸上部時代から四半世紀ほど経った自分には傍観するだけの年がしばらく続きました。

でも「制限時間7時間って練習したら完走できるんじゃね?」とふと思ってポチッとやってしまったのが2013年大会の申込み、つまり12年の夏のことです。

この時はつつがなく(?)落選したのですが、翌年(2014年大会)二回目のポチッをしたら困ったことに当選のメールが(◎_◎;)

それが13年9月下旬…そこから慌ててランニングを開始…ではなく、仕事の忙しさにかまけてなかなか走ることをしませんでした。



そして精神的にも体脂肪的にも重くなった腰をようやく上げたのが13年の年末…つまり東京マラソン本番2ヶ月前。

そんな短い期間で充分な準備などできるはずもなくレース後半は二足歩行が可能なボロ雑巾に…。

それでも何とかフィニッシュ!~タイムはおよそ5時間40分でした。



東京マラソンに関してはあらためて体験談や思いをお話ししたいと考えていますが、とにかく「走るってこんなに楽しいものなんだ」と知りました。

いや、高校時代も走ることを楽しんでいたわけだから「再認識した」もしくは「思い出した」と言うべきなのでしょう。

「焼け木杭に火が着いた」ってやつですね…。

そこから愛欲の日々(!?)が始まることとなり、当ブログのタイトルにも込めた「悦楽」の境地に溺れていったのでありました♪



後半へ続く。。。



スポンサーサイト
コメントの投稿
非公開コメント


激安焼酎さん、
本格的にブログ始動しましたね。
めっちゃ、面白い!近い将来、作家活動も視野に入れてね。
後半も楽しみにしています。

Re: タイトルなし

マダムさん、過大評価なお言葉ありがとうございます!

嬉しいやら照れるやら・・・ですが、この程度のレベルで作家活動なんてできていたら、この国には7800万人ほどの作家が出現しちゃいますよ(笑)
プロフィール

激安焼酎

Author:激安焼酎
何となく申し込んだ東京マラソン2014にうっかり当選してしまい、練習しないわけにはいかんと思い走り始めたのが13年年末。

その東京マラソンを何とか完走・・・そして同時に走る快楽にハマり本格的にランニングを開始。

そして楽しく走りつつも走ることに対していろんなことを思う日々・・・ここでは走りそのものよりも頭の中に浮かんだことを徒然に残していきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。