スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『私の今年の重大ニュース』

2015年もいよいよ終わりが近づいてきました。

テレビや新聞などではこの一年を振り返る的なことがあちこちで行われていますが、実は拙走本人は年を越すことに対してあまり感慨がありません。

この様に季節感と情緒が欠落した精神構造になったのは、24時間・年中無休な業態にずっと関わってきたことが原因かなと思っています。



そんな激安焼酎が何を思ったか、ここで一年を振り返るという「らしくない」ことをしようとしています。

それは今月10日に参加したRC主催のマラニックでの出来事がきっかけになりました。



拙走が所属するRCのマラニックでは、毎回お題が決められて一人ずつ簡単なスピーチをするという時間があります。

その10日のマラニックでのお題が『私の今年の重大ニュース』だったのです。



お題を聞いてまず思い浮かべたのはこの1年間に出場したレースのことでした。

今年は個人で出たものが10大会、RCから団体で参加したものが2大会ありました。

距離も様々、規模も様々、走りの結果も様々、当然走り終わってからの感情も様々。。。

でも総じて順調に走れたこの一年、気持ち良く終えることのできたレースが多かったです。

逆にだからこそ悔しい思いをして終えたレースのインパクトが強いかも?!

あれこれ考えましたが、『重大ニュース』としての決定力を持つほどの突出した大会だという思いにはどれも至りませんでした。



となると次の候補として思い浮かべたのは日々の練習。

だけど当然ながらこちらはレース以上にインパクトが無い。



あとはマラニックやら講習会・練習会(クラブ的にはマラニックも練習会にカテゴライズされてますが)。

こちらも『重大ニュース』に選ぶべき突破力のあるものは見当たりません。

個人的に思い入れのあるイベントはあるんですけどね。。。



だけどこの一年、拙走のランニングはとてつもなく大きな変貌を遂げたという実感は間違いなくあります。

その源泉は何なのだろうと思い巡らすと、ようやく一つの、だけどとても納得の答えに辿り着きました!



それはRCとの関わりが濃密になったこと。



年明けから振り返ると。。。の前に導火線は昨年末に既に用意され着火されていました。

それは1年前、2014年12月の川崎フルマラソン駅伝です。



拙走が走り始めたのが2013年の年末。

RCに初めて参加したのがそこから半年ほど経った2014年6月の平日マラニック。

平日企画はほぼ皆勤賞でしたが先輩方はほぼ週末組って感じで、クラブのHPや掲示板を見てもブラウン管の向こう側の人たちって思いで眺めていました。

当時の激安焼酎は引っ込み思案を装い(?)指を咥えているだけでした。。。



そんな激安焼酎が清水の舞台から飛び降りる覚悟でエントリーしたのが川崎フルマラソン駅伝。

レース前にはおそるおそる掲示板にも初投稿を果たし、当日はキンチョーの塊で「よそ者がお邪魔させて頂く」という気分でしたが、走っただけではなく忘年会では弾けさせて頂いた上に二次会にまで出没しちゃいました。

いわゆる『デビュー』をしちゃったって感覚でした。



それから年が明け。。。

初めてオーダーインソールを作ってもらい
初めて青梅マラソン試走会のスタッフを務め
初めて東京マラソン応援隊に参加し
初めてマラニックのスタッフを務め
初めてペース走に参加し
初めて水曜夜の練習会に参加し
初めて夏のリレーマラソンに参加し
初めてクラブからハーフマラソンに参加し

そして去年はあれほどビクビクしながらお邪魔した川崎フルマラソン駅伝ではチームの主将を任され。。。(当然これも初)

本当に初めてづくしの一年でした。



そして単に様々なものに参加させてもらっただけではなく、そこに人との繋がりも生まれました。

個人的にコンタクトを取って下さる方も現れ、飲みに付き合って下さる方もあり、さらにはこのブログを通じてRC以外にも繋がりが広がりました。



2年前に「走れるかな、大丈夫かな」とヒヨコの様な一歩を独りで踏み出した時には全く想像のできなかった世界が広がっています。

一人で黙々と淡々と走る孤独な世界・・・市民ランナーってそういうものなのかなって走り始めた時は思っていました。



そんな自分が、多くの人たちと出逢い、走り、語り、笑い、飲み、励まし合い、讃え合い、さらには刺激も受ける。

楽しさ、居心地の良さは雪だるま式に大きくなりました。

「共走」という言葉を知り、そしてチョッピリ理解もできた気がします。

そんなかけがえのない『仲間』ができたのがこの一年だったように思います。



不遜な言い方になってしまいますが、この一年で拙走の記録は自分でも驚くほど大きく伸びました。

でも記録以上に大きく重く尊い、心の豊かさという財産を与えてくれたのが『仲間』だったと強く確信しています。



10日のマラニックでのスピーチはここまで書いてきたようなことをサラッと簡潔に話し「ランニングの世界が広く深くなりました」と締めました。

今こうしてこの記事を書いてきてみて、もう一言そこに付け加えるべき形容詞があることに気付きました。

「暖かい」

そんな一年をくれた『仲間』に心から感謝です。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


スポンサーサイト
コメントの投稿
非公開コメント


No title

いつも応援していただいているのに、こちらでは初コメントかもしれません。
スミマセン(>_<)

激安焼酎さんの書く、走ることについての思い、いつも興味深く読ませていただいています。
走ることに対して、とても真剣ですよね。自分も感じたことのある、書きたいけれど書けない、そんな気持ちを言葉にして表現できるところが素晴らしいなと
いつも思っています。

ひとりではなく、仲間とともに走れるって素敵なことですよね。
新しい年も激安焼酎さんにとって、良き一年となりますように。

この一年、

激安焼酎さんは、本当に「駆け抜ける日々」でしたね。(まっ、私もではありますが)

「怯えた犬」に似た表情(失礼承知!笑)を見た一年前の第一印象からは劇的に変わり、川崎駅伝もマスターズハーフの時も、心身共に着実に階段を上がる豪速ランナーに変貌していました。

ランニングを、またランニングクラブを通して、「激安焼酎さんの世界」の輪郭がはっきり見えていらしたのでしょう。
(と、姉御ぶって生意気なことを申し上げちゃいます!)

川崎駅伝の応援の時に思いました。
クラブメンバーを応援する中、ただ前を通る全く知らないランナーにも、
「あと、少しで、あと一人抜ける!抜ける!」と応援すると、かなりな確率で、後ろのランナーはその前のランナーを抜いていきました。(前を走っていたランナーさん、ごめんなさい、なんだけど)
つまり、言葉が霊となって、動きだすわけですよね。
また、いい大人達が、円陣を組み、皆で手をつなぎ、心を結び、ひとつ事に夢中になる。
コケたら、次、一緒に頑張ろうよと言い合える。

それが、快体というクラブ、もしかすると、他のクラブでも、起こりえていることなのかもしれませんけれどね。

ランニングの魅力をどこまでも追求する激安焼酎さんのこれからの動向を、密かに?見守りますね!

長すぎて、これ自体、ブログになっちゃいそうダワ。
失礼いたしました。
どうぞよいお年を!

Re: No title

Mayokohaさん

わざわざコメントくださりありがとうございます!
そして過分なお褒めの言葉まで頂き、お会いしたことの無い分過大評価されてるという心配が(^-^;)

拙走の場合(「拙走」とはこのブログでの一人称です)、ランニングに真剣に取り組んでいるというより、単純に走ることが好きなんだと思います。
突き詰めてトレーニング内容を考えているわけでもなく、トレーニングでもさほど心身を追い込んでいるわけでもなく。。。
今回書いたように『仲間』にも恵まれ、心から楽しめていることを幸せに思います。

ここは本当に不規則な更新ですが、もし良ければまた覗いてやってくださいね♪


Re: タイトルなし

マダムさん

拙走がこのブログを始めて半年少々、当初から読者となりコメントもくださりありがとうございました!
そして今回も心温まるコメントに感謝です!

マダムさんにはランナーとしての『同期』のような感覚を勝手に抱いていますが、存在が巨大化したと言わしめたところを見ると、拙走と同じく大きな変化のあった一年なのではないかと想像しています。

来年もはやぶさの如くかっ飛ぶランニングライフを満喫してもらいたいと思います!

それにしてもそんなに怯えてたかなぁ?(^-^;)

激安焼酎殿、新年明けましておめでとうございます(年明けてしまいました (^_^;))

なるほど、2014年6月マラニック平日版からご参加されていたのですね!いや、もしかしたら、この話聞いていたかなぁ~!?

12月の駅伝で初めて知り、呼び名が近いところから、気になる人物だとは思ってました。
ゆえに同じ語呂のツカゴロウ(ダジャレか‼)より速そうだと言われ、こっちとしては、ついついムキになってしまいましたが、結果は重い敗北感だけが残りました(笑)

あの駅伝を機にクラブの結束力が高まったと言う人がいるくらい…まあ、ちょっぴりオーバーかもしれないけれど、確かにあの時オールキャスト大集結的な感じを自分も受けたくらいです、あの時から…

もちろん、その中に激安焼酎殿や駅伝の時に比べると最近存在感が大きくなったといわれるあの方など、集まるべくして集まった人たちばかり!!

そして気持ちを分かち合えるメンバーばかりが、揃いも揃ったなぁ~と感じるのは自分だけでしょうか!?
長くなりましたが、激安焼酎殿の感じる『暖かい』は、つまりご本人含め、磁石のNS極の如く、吸い寄せられたと確信しているツカゴロウなのです!
極論すると、いい意味で皆さん自在に、はしゃぐことが出来る《大人子ども》なのかな(笑)

2016年もいい新メンバーに会えそうな予感でワクワクしてます!

本年が激安焼酎殿にとって、さらなる飛躍の1年でありますように!

ツカゴロウさん

明けましておめでとうございますm(_ _)m

去年。。。あ、もう一昨年だ。。。あの川崎フルマラソン駅伝でクラブの結束力が高まった?!
その前を知らない拙走には実感は湧きませんが、その場にお邪魔させて頂くことができ、共に楽しむことができた幸せを嬉しく思います。
本当に大きな転機になりました。

「類は友を呼ぶ」ということなのかも知れませんが、それにしても居心地が良い時空だと毎回思います。
竜宮城に居るような夢心地ですらあります。
もし竜宮城を後にしてランニングを辞めると。。。玉手箱を開けた浦島太郎のように一気に老け込んでしまうんだろうなぁって想像します。
いつまでも子どものままかけっこを楽しみたいと思います。

そんなわけで今年もどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m
お互いロウ族として楽しみ、そして盛り上げていきましょう♪
プロフィール

激安焼酎

Author:激安焼酎
何となく申し込んだ東京マラソン2014にうっかり当選してしまい、練習しないわけにはいかんと思い走り始めたのが13年年末。

その東京マラソンを何とか完走・・・そして同時に走る快楽にハマり本格的にランニングを開始。

そして楽しく走りつつも走ることに対していろんなことを思う日々・・・ここでは走りそのものよりも頭の中に浮かんだことを徒然に残していきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。