スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おけいこのじかん : 古河はなももマラソン2次会《日々の練習》

おけいこのじかん・・・ランニングに於ける「おけいこ」とは???

それはもちろん日々の練習!・・・ということで、今回は激安焼酎が日頃どんな練習をしていたかについてお話ししようと思います。


 ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


まずは大枠から ~ この1年間(15年3月~16年2月)の月間走行距離の平均をを算出してみると243Kでした ~ 月別に書き出してみるとこんな感じです。

3月:229、4月:266、5月:234、6月:182、
7月:190、8月:167、9月:227、10月:299
11月:314、12月:215、1月:281、2月:312


暑さにからっきし弱い拙走は夏場に練習量が落ちるので季節変動が大きいのですが、多く走る月でも300Kを超えたのは一年で2回だけ。

雑誌「ランナーズ」でSUB3関連の連載記事がありますが、そこに出てくるランナーさんの練習量と比較しても決して多くはないようです。

これは前回ブログでお話しした通りスピード強化に軸足を置いた練習をしていたことも大きく影響していたと思います。

ちなみに回数は正確にカウントしていないのですが、週4回くらいというところです。



そしてその内容ですが、大雑把に言うと「全てビルドアップ」 ~ 拙走の場合、普通のジョグでも大体だんだんビルドアップしていきます。

最初の数キロはウォーミングアップ的にゆっくり目に入るからというのもあるのですが、レース前後の調整・疲労抜き以外は一定ということは殆どやりません。

この練習方法には賛否あるでしょうね ~ 追い込むことはできる走り方ですが、ペースを保って走るという力は身に付かないのかも。



またそれらとは別にビルドアップ走もやっていて、これがポイント練習の柱になっていると言って良いかも知れません。

その最後のペースは必ず長期計画の目標である4分以上の設定(3分40秒~4分ちょうど)にしています。



レース距離より短い距離しか走らないのに目標レースペースより遅く走っても仕方ない

これが拙走の練習の設定の根幹にあります。

もちろん全ての練習にこの考えを当てはめるわけにもいかないのですが、ポイント練習だけは外せない基準として持っています。



この発想は高校での陸上部時代の練習メニューが素になっています。

レースより短い距離の練習はレースより速く
レースより遅いペースの練習はレースより長く


これが常にありました。

ただこれは専門種目が5000Mの話 ~ フルマラソンを考えると後者の「レースより長く」は到底無理なので、せめて前者のレベルは維持するようにしています。



それから補強運動はメニューは少なめながらもやっています。

何て言う呼び名か分からないので説明もできないのですが、5種類。

タイミング的にはランニングの後、クールダウンストレッチ前というところです。

でも正直言って・・・補強運動は嫌いなんです(+o+)

なのでなかなか手を出さずにいたのですが、でもやっぱやらなきゃかなぁ~と思いようやく渋々継続的に取り組んだのが半年ほど前。

その効果のほどは???

自身では判断しかねる、というのが正直なところですが、きっと記録にも寄与してくれてるということにしておきましょう(*^▽^*)



練習自体に関してはこんな感じなのですが、それ以外の部分では身体のケアに神経を遣っています。

何を隠そう、激安焼酎はRCの監督から「絶望的に身体が硬い」という不名誉なお墨付きを貰っています(◎_◎;)

そんなわけで「拙走は故障しやすい身体なんだ」と常に自分に言い聞かせて、特に練習後は慎重にケアしています。

ストレッチはラン前後両方でRCストレッチを入念に行う
練習後はなるべくシャワーだけでなく風呂に入るようにする
水シャワーでアイシング(お風呂屋さんだとサウナ+水風呂)
風呂上りにはサロメチールを塗る(又は湿布を貼る)
さらにアイスパックでのアイシングも行う


全部を網羅することができない日もありますが、時間や環境の許す限り【完走】するようにしています。


 ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


できれば『おけいこ』の一環として大会直前までの練習内容も書きたかったのですが、さすが拙走、文章が長くなりすぎてこれ以上続けることは困難になりました(>_<)

ということで次回は大会までの2ヶ月半ほどの過ごし方について書き連ねたいと思います( ..)φ


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

スポンサーサイト
コメントの投稿
非公開コメント


今、ご隠居の身ですが、おけいこの内容は、とてもわかりやすいものでした。

私は、BUは嫌いではないけれど、やはり5分の壁は大きく立ちはだかり、それ以上のスピードをキープ?どころか、ちょっとでも出したら、その時計の画面に圧倒されて、もうダメダメと自ら息を荒げていたようにも思います。つまり、とても厳しいものでした。

でもブログを読ませていただくだけで、自分のモチベーションアップに繋がります。

今後も、刺激的な話題をたくさん載せてください。

No title

激安焼酎さん、本当にSUB3達成おめでとうございました。
言われてることも説得力がありますが、確実に実行されてるところがスゴイなぁと思ってます。
テーマを決め、そしてやること一つ一つに意味があり、結果までの道筋がちゃんと決まってるんですね。

さすが3時間台で走られる方は違います。
勉強になりました(*^。^*)。

で、いつ焼酎を飲まれるんですか?

Re: タイトルなし

マダムさん

「●分の壁」、よく分かります。
拙走も「5分の壁」を感じましたし、今も「4分の壁」を感じています。

それを乗り切ることができたのは前回ブログでお話しした「キロ●分で走れる距離を伸ばしていく」という取り組み方でした。
目指す距離を走れるペースに落とすのではなく、目指すペースで走れる距離に落とす。
これで気持ちの中のハードルがずいぶん下がりました。

これからも刺激的な話題・・・提供に努めたいと存じますが、ランニングとは無関係の刺激に走らぬよう気を付けます(#^_^#)

Re: No title

mitsuさん

ありがとうございます~SUB3やっちまいました\(^o^)/

mitsuさんから頂いたコメントを見ると自分がもの凄く立派なランナーかのような錯覚を覚えます(^_^;)

前回・今回のブログの内容だと凄く緻密に計画立ててやっているようですが、ポイント練習以外の練習内容はわりと行き当たりばったりなんですよ。

ところで、焼酎はいつでも飲みますよ♪
家でもお店でも。
種類も米・麦・芋・それ以外の変わり種‥‥飲み方もロック・お湯割り・水割り・ウーロン茶割り‥‥あれ?拙走が無い???(//∇//)

No title

さすがですね!自分に厳しい!

暑い時期、練習量は減っても、やはりビルドアップしているんでしょうね!夏場、自分はビール度アップするだけです!つまんない!?

自分もRCの監督に言われましたよ「100人中ワースト20の身体の硬さ」とより具体的でした!
激安焼酎殿の言われたのと、どっちの表現の方がより硬いのか、監督に聞いてみたいもんですね(笑)


Re: No title

ツカゴロウさん

自分に厳しいのでしょうかねぇ???
正直その感覚は無くて、自然に好きでやってることなんですよね(#^_^#)

身体の硬さは恐らく拙走の方が重症かと・・・。
最速市民ランナーの川内優輝も身体が硬いらしいです。
硬くても速くなれる・・・ていうか、硬いことは言い訳にできないってことですかね?!

ビール度は年中MAXですよぉ~(^_^)ノ
プロフィール

激安焼酎

Author:激安焼酎
何となく申し込んだ東京マラソン2014にうっかり当選してしまい、練習しないわけにはいかんと思い走り始めたのが13年年末。

その東京マラソンを何とか完走・・・そして同時に走る快楽にハマり本格的にランニングを開始。

そして楽しく走りつつも走ることに対していろんなことを思う日々・・・ここでは走りそのものよりも頭の中に浮かんだことを徒然に残していきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。