スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おさらいとしゅくだい : 古河はなももマラソン締め《これからのこと》

『はなももシリーズ』として0次会から5次会まで書いてきました。

さすがにお腹いっぱい・・・ていうか激安焼酎的表現をするなら泥酔で酩酊状態って感じかな?

でも呑んだ後にはラーメンが食べたくなります(^_^;)

そんなわけで締めに致しましょう♪


 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


あえてここまで触れずに来たのですが、何か矛盾を感じませんでしたか?

拙走は自分の言ってることに自己矛盾を感じながら書いていました。



その源泉は1次会の席での発言。

フルマラソンに照準を合わせてトレーニングを積んで得た結果ではありません



でもこのはなももシリーズで書いてきたことを振り返ると・・・どう見たってフルマラソンに照準を合わせた内容ですよね((+_+))

実際拙走自身の中でも1月以降は完全に古河はなももでのSUB3を意識しての練習となっていました。

これは完全に長期計画から逸脱した行為でした。



本来であればハーフの次の段階、つまりキロ4分で30Kを走り切ることを目指してのトレーニングを積むべき段階におりました。

でも「やれる時にSUB3をやっておこう」というスケベ心が芽生えてしまっていたのも事実。

そしてハーフの目標を長期計画の1年前倒しで達成したので「ちょっとくらい寄り道しても良いか」という思いもあったし、30Kのレースの予定が無いというのもありました。

あ、2月の青梅はさすがにキロ4分は到底まだ無理だったので除外ってことで(^_^;)

とまぁ言い訳をいっぱい並べ立ててみましたが、とにかく1月から3月中旬の2ヶ月半の間はフルマラソンに照準を合わせてしまっていました。



古河はなももを終えた今、うっかりすると全てをやり切ってしまったような感覚に陥りそうになりますが、長期計画的にはまだまだ道半ば。

そろそろ寄り道から戻らなきゃと思っています。

ここからはキロ4分で30Kを走り切る、つまり2時間以内で30Kを走ることを目指して練習を積んでいきます。



そしてこの長期計画、表向きにはフルマラソンSUB3を最終目標ということにしていましたが、内心はフルマラソンまでキロ4分で走り切れるようになれれば良いなぁという気持ちを持っていました。

だけど当初は本当にそんな領域は現実味を感じていなかったし、「目標はSUB2時間48分47秒」と言うのもピンと来ないし、それ以上に言われる方は半端な数字にピンと来ないだろうし・・・。

でもここまで来たら狙ってみようと思います!



とは言うものの、また話は戻ってしまうのですが、まずは30Kをキロ4分で走り切れなければお話になりません。



拙走の30KのPBは2月に走った青梅マラソンなのですが、古河はなももの30K通過は青梅の記録より速いタイムで通過してしまっていました。

いくら青梅の序盤が混雑していたとは言え、エライ思い切ったこと(無謀なこと?)をしてたんだなと再認識\(◎o◎)/!

「美味しいとこ取り」な計算ですが、古河はなももの5Kから35Kの30Kは2時間04分11秒 ~ その1K平均は4分08秒。

これを現在の走力と見なして、あと8秒を縮めるべくトレーニングする ~ これが今の激安焼酎の「しゅくだい」です\(^o^)/


 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


古河はなももマラソンはとかくコースの平坦さがクローズアップされますが、実際走ってみて感じたのは見通しの良さ。

なかでも中盤は広いバイパス的道路を走るのですが、そこではかなり遠くまで見渡せるんですよね。



レース中は終始SUB3でフィニッシュできるという感触を持ちながら走っていましたが、まだまだ自分の前にも無数のランナーがいるという事実が拙走の視界に広がっていました。

文字通り「目の前に突き付けられた」という思いでした。

天狗になって良いのはまだまだ先のようです。



それにしても・・・走り始めた当初はファンランしか頭に無かった自分が、よくもまあこんな風に意識が変わったものだと、つくづく不思議な気持ちになります(#^.^#)


 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


長々続いた『はなももシリーズ』ですが、今度こそ本当に《締め》にします。

だらだら長くて読むのも大変だったとお察しすると共に、読破して下さった方々には心から感謝の気持ちでいっぱいですm(__)m

そして何かひとつでも良いので参考にして頂けるものがあったなら、それが反面教師だったとしても、この上ない幸せです♪♪♪

では走りに行きますか\(^o^)/



にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


スポンサーサイト
コメントの投稿
非公開コメント


No title

はなももシリーズ完結ですね(*^-^*)
長期計画が前倒しになったとのことですが、誰しもいけるならいってみよう!って気になると思います。
サブ3までの激安焼酎さんの綿密な計画と分析、とても参考になりました。
意識をもって走ること、大事ですね。

しゅくだいの提出期限は冬から春の勝負レースでしょうか?

(わたしもひとりでの長距離とゼーハー練は苦にならないタイプです)

Re: No title

Mayokohaさん

拙走の計画が綿密なのかは疑わしいところですし、分析も我流のものなので内容は怪しいのですが、たしかに常に意識するということは大事なのかなと思います。

キロ4分なり4分15秒なりが目標ペースであったわけですが、たとえスロージョグでもこれを意識して、「今どれくらい目標より遅いのか」「それでどれくらい余裕を持って走れているか」を考えながら走っていました。

目下のしゅくだいの30キロは提出機会が少ない科目なので少々迷っているのですが、来年2月の青梅がベストな場所かなと考えています。

ところでカッコでサラッと書いてありますが、Mayokohaさんもばかでへんたいの素質がかなりおありなのかも(#^_^#)

No title

古河はなももレポート全編、シメまで堪能させていただきました。
古河はなももに照準をあわせ、有言実行結果を出す!
素質以上のもの、感じ取りました。

ところでひとつ質問!ウエアでタイツを毎回着用、これは何かこだわりあるんですか?
クラブの中では男性ランナーのフル3時間半を切っているメンツは、ほぼ全員短パンかそれにプラスすることカーフくらい!
激安焼酎殿はレースはおろか、マラニックでもタイツを穿いていますよね!?
もしブログの方でその事を記事にされるのであれば、それについての検証とかもあれば、楽しみに待ちたいと思いますので、即答でなくて結構ですよ。

Re: No title

ツカゴロウさん

はなももシリーズ、最後までご賞味くださりありがとうございますm(_ _)m

ご質問のタイツの件ですが、実は拙走の両足にはビッシリと竜の刺青があり、それを隠すために年中穿いています。

というのはモチロン冗談で、市民ランナーとはこういうものだと信じ込んで何となく穿き始め、その惰性で穿き続けていると言うのが真相です。

機能的な面での目的は殆ど無いのですが、タイツを常に穿いていたために拙走の脚は白く(こう見えて元は色白なんです)他の部位との格差があまりに激しいので、素足をさらすのが恥ずかしかったりもします。

・・・って乙女みたいなこと言ってますね(^_^;)

このはなももおさらいとしゅくだいについて、私なりに総ざらいしてみました。

「激安焼酎のふるまらそんののびとこんご」
1回目と2回目の差=たくさん
2回目と3回目の差=29分
3回目と4回目の差=14分 
4回目と6回目の差=16分 
(5回目はファンランなので除く)

私がもっとも驚くのは、3回目と4回目の差より4回目と6回目の差の方が大きいこと。しかもこの間、4ヵ月しかない。

普通、この位のタイムが出ている人って、4回目と6回目の差がどんなに良くても10分以内になってくるかなと思うのです。というか、私の少ない経験だと、そう簡単にはガンガン伸ばすことなんて、とてもできません。(年齢性別を加味しても)

では、なぜ「激安焼酎」は神憑り的なこの記録更新が出来たのか。

そこには、やはり激安焼酎さんの力説されていた練習方法が起因していること。これだと立証できたも同然ですよね。
勿論、それ以外にも、コース、気象、大会への思いやこだわりなどなどもあったかもしれませんが、それは、あくまでも二次的なもの。
マラソンは練習が命ですから、激安焼酎さんの練習方法は、とても理にかなっていたのだと思います。
だからといって、それが全ランナーに通用するのかどうか。私自身、走れない身なので検証することが今は出来ず仕舞ですが、かなりきつい練習であることは容易に想像がつきます。(私は「ばかでへんたい」では、ないため)
でも、激安焼酎方式でやれば、自分が今どの位置にいるかが、はっきり見えてきますよね。

と、ここで「激安焼酎のこんご」ですが、
6回目とΧ回目の8分という伸びは、ものすごく現実的な設定だと思います。
あなたがあなたの練習方法で続けていけば、必ず出来るはず。
是非とも「タイツを履いた一番速いランナー」目指して、これからも精進してくださいね。

本当に素晴らしい
と、あらためて思いました。

Re: タイトルなし

マダムさん

ずいぶんと丁寧な分析をありがとうございました!
まるで評論家のようですo(^o^)o

「こんご」に関してはマダムさんの見立ての通りすんなりと行けば嬉しいけど、楽観はしていません。
これまで以上の負荷をかけると故障のリスクはさらに高まるのは必至です。
「素質」を声高に唱えましたが、絶望的に身体が硬い拙走は普通の人よりさらに高いリスクを背負うことになります。

でもマダムさんは唯一の拙走のSUB3目撃者・・・期待に応えられるよう精進・・・いやいや、あくまでも楽しんで走りたいと思います(*^-^*)
プロフィール

激安焼酎

Author:激安焼酎
何となく申し込んだ東京マラソン2014にうっかり当選してしまい、練習しないわけにはいかんと思い走り始めたのが13年年末。

その東京マラソンを何とか完走・・・そして同時に走る快楽にハマり本格的にランニングを開始。

そして楽しく走りつつも走ることに対していろんなことを思う日々・・・ここでは走りそのものよりも頭の中に浮かんだことを徒然に残していきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。