スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みどりのわ

いつもマメにコメントを下さるツカゴロウさんからの絶大なるリクエストにお応えして‥‥。

ん?リクエストなんてしてない?!

ボストンマラソンの話というよりボストンマラソンから思い出された拙走自身の話になってしまうのですが、書いてみたいと思います。



本題に入る前に一応元となった記事のリンクを貼っておきます。

前回ブログ「伝統」
http://tyostfn42195.blog.fc2.com/blog-entry-37.html


  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


2013年4月のボストンマラソン。

ゴール付近で爆弾テロが起こり、3人の尊い命が奪われ、180人以上が負傷するという痛ましい事件が起こりました。

当時まだ拙走はランニングを始める前の時期。

事件に大きな衝撃と憤り・悲しみを受けましたが、それはあくまでも一市民としてのもの。

ランナーとしての視点は正直持ち合わせておらず、マラソン大会で起きたというより合衆国の都市で起きたという事実に対するインパクトの方が大きかったです。

今思えば、そんな自分を恥ずかしいとも思ったりします。



それから約半年後の9月末、拙走のメールボックスに東京マラソン当選の通知が舞い降りました。

さらにそこから5ヶ月後、大会本番前々日にEXPOで渡されたナンバーカード一式の中に、想定に無かったシリコン素材の蛍光グリーンの輪っかが入っていました。

その輪っかはブレスレット。
表面には大会名と共に「SAFE & SECURE」の文字が刻まれていました。

そうです、大会の安全を祈念するものだったのです。



そして東京マラソン当日、もちろんせっかくなので右手首に付けて家を出てスタートエリアに向かったのですが、到着直前でそのブレスレットが無くなっていることに気付きました。

どこかで落としてしまったようです。

思い当たるのは・・・新宿駅から東京都庁に向かう途中。

歩きながら上着を脱いだのですが、その時に手首から外れたのでしょう。



“あぁ、失くしちゃった”

そんな残念な気持ちになりつつ、取り戻しようもない、落としたものは仕方ない、と諦めかけました。



だけど記念すべき人生初マラソン。

後ろ髪を引かれる思いで走るのはイヤだと思いました。



そこで目前まで来ていたセキュリティゲートに背を向け、再び新宿駅に向かって歩き始めました。

目の皿のように広げて地面を凝視しながら。



スタートエリアに向かって進む無数のランナーに逆行して歩くこと150メートルほど、歩道上にポツンと佇む物体を発見。

レンガ色の歩道の上で蛍光グリーンの輪っかはよく目立ちました。



やったー!



喜んで拾い上げてみると、多くの人々に踏み付けられたと思われるそれは黒ずんでしまっていました。

でも逆に、そんな姿になってでも自分の手元に戻ってきてくれたことで更なる愛着が湧きました。



その東京マラソンのスタート地点に着いて、それまで見たことの無い人数のランナーに囲まれたとき、ボストンでの悲劇を初めてランナーとして思い返すことができたのでした。

遅まきながらあらためて心を痛め、そして無事走れることが当たり前なことではないということを強く感じました。



共に初マラソンを有明・ビッグサイトまで走り切ってくれた『みどりのわ』は、今は計測チップと共に遠征用バッグに大切に取り付けています。

市民スポーツの祭典が凶行の的になるという未曽有の出来事へ馳せる思いと、今自分が平和の中で走らせてもらえていることへの感謝の気持ち、いつまでも忘れずにいたいと思います。

みどりのわと計測チップ


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村


スポンサーサイト
コメントの投稿
非公開コメント


大切にしていても無くなってしまうもの。
失くしても、必ず見つかる物。

私も、ランにまつわる話ではありませんが、そんな経験がありますよ。
探していた物が見つかった時の安堵ったら、本当に言葉になりませんよね。

あの東京マラソンの入口に向かう人混みを逆走して探し出された「safe & secure」君は、激安焼酎さんが見つけてくれるの信じて待っていたのでしょう。(なんと、いじらしい!)

何万個と同じ物が作られたでしょうが、激安焼酎さんのところに行った「safe & secure」君は、こんなに大切にされて幸せだなぁ。

そして、何より、
安心安全を願い、平和のうちに、
私たちが生きられる日々に感謝する気持ちをずっと忘れずにこれからも行きましょう。

Re: タイトルなし

マダムさん

何だかずいぶん良い話に仕上げてもらったようで恐縮です(^-^;)

レースは万全の調整することによって自信を持ってスタートできますが、それは身体だけではなく装備も同じだなって思いました。

『みどりのわ』がもし見つかってなかったら、ものすごく不安な気持ちで走り始めなければならなかったことでしょう。

マダムさんの言う「安堵」は、拙走の初めての42キロにとても大きな力になったはずです。

彼は遠征用バッグにぶら下がっているので外出はたまにしかできないのですが、いつまでもそばに居てもらいたいと思います。


No title

うん、リクエストしてないよ(笑)
でも、次回のネタバレさせてしまったのでしょうか!?すんません(笑)

前にも書いた通り、あのテロ事件から自分はマラソンへの想いがより一層強くなりました。
みどりは確か平和を表す色じゃなかったでしたっけ!?
ずっと何事もなく平和にランニングできる世界であって欲しいもんですね。

余談ですが、激安焼酎殿が走る一年前の東京で、荷物受取ボランティアをやってました。
スタートの紙吹雪舞いあがる中、大勢のランナーがゴールへと走っていく!が、なぜか激安殿が探しに向かったのと同じ新宿駅方向へと荷物の入ったビニール袋を持ったまま、激走するゼッケン付けたランナーがひとり\(◎o◎)/!!!
朝寝坊さん、新宿駅ロッカー目指したのでしょうか!?
間にあわねぇ~って(笑)

人混みの中で見つけたられたこと、奇跡的でしたね。とっても特別な思いを感じます。
激安焼酎さんにとっての「みどりのわ」は初マラソンの思い、平和で走れる日常に感謝できる特別なものになったのですね。
そんなお守りがあるって素敵です(^^)
当たり前過ぎてなかなか考えないことだけど普通の日常に走れることに感謝ですね

Re: No title

ツカゴロウさん

返信遅くなりましたm(_ _)m

決してネタバレではないのでそこはどうかご安心を!
前記事へのツカゴロウさんのコメントが契機になって新たに派生したのが今回のブログです。

セキュリティという意味では東京マラソンも大きく変わりましたよね。
拙走が参加した14年大会から荷物チェックが始まったりして、そして今も変わりつつありますが、ツカゴロウさんが走られた今年の大会もさらに厳しくなっていただろうと想像します。

数多くの大会を経験されてるツカゴロウさんなので、その物々しさがいかにずば抜けているかを大いに痛感されたことと思います。

個人的にはもっとのどかに走らせてくれよと言いたいけど、これが現実の世界なんだなよなあと感じます。
それでもやはり走らせてもらえることに感謝せねばならないのでしょうね。

Re: タイトルなし

Mayokohaさん

はい、ほんと奇跡と言って良いのかも知れませんね。

「みどりのわ」はお守りであり、初心を忘れないための戒めでもあります。

走れるということの歓びを忘れないように、そして走りを楽しむことを忘れないように。

あの時に感じた高揚感が全ての始まりだったわけで、記録だけではない楽しみも追求できるランナーでいたいと思います。

何だか大げさになっちゃいましたね(^-^;)

No title

逆行して探すのはなんとも切ないですが、あって本当に良かったですね。
こんな元気の無駄遣いができるのも平和だからですよね。
感謝しようと思います。

話は違いますが、私は以前フルマラソンなんて出るきもなく10キロばかり走っていたのですが、あるときキャップを風で飛ばしてしまい、タイムを優先してひらうことはせずゴールしました。
やっぱりお気に入りだったし、ウォーキングにしては長い長い距離を無数のフルランナーに逆行してそのキャップをひらいに行きました。泥んこで見つかった喜びもあったけど、いつの間にか瀕死のフルランナーを必死で応援していて、その走る姿に感動して次の年にフルマラソンに挑戦しました。(*^^)v

Re: No title

mitsuさん

mitsuさんにも同じく落とし物エピソードがあったのですか!
お互い見つけることができて良かったですね(^_^)v

しかもそれがフルマラソン挑戦へのきっかけとなったとは・・・人生不思議なものですね♪

落とし物も意外と良いことあるのかも?!
プロフィール

激安焼酎

Author:激安焼酎
何となく申し込んだ東京マラソン2014にうっかり当選してしまい、練習しないわけにはいかんと思い走り始めたのが13年年末。

その東京マラソンを何とか完走・・・そして同時に走る快楽にハマり本格的にランニングを開始。

そして楽しく走りつつも走ることに対していろんなことを思う日々・・・ここでは走りそのものよりも頭の中に浮かんだことを徒然に残していきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。