スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掘り出し物情報!?

プログラム@関東マスターズロード選手権



昨日(6/7(日))のことになりますが、ハーフマラソンに参加してきました。
大会名は「第17回関東マスターズロード選手権大会」。



マスターズってどんな印象でしょうか?
そもそもマスターズってどれくらいの認知度なんでしょう?

私の先入観としては「老人がやるカテゴリー」というのが正直なものでした。
スポーツニュースで「○○○さんが××歳で100Mの世界新記録を樹立されました」などと報道されるのは80代とか90代とかの高齢の方ばかり・・・なので高齢者向けってイメージが作られちゃうのも仕方ないですかね。

でも意外なことに若くても参加できるんです。
陸上競技としての大会ではクラスが5歳刻みで分けられているのですが、25歳未満というものもありまして、さらに精確に言うと18歳から入会可能です。

その他イメージとしては「ガチな感じ」があるでしょうか。
そのイメージは私から見ても正しいように思います。

そして市民ランナーとは違う世界で行われているような印象が無いですか?
実際陸上競技の大会は基本的には登録しないと参加することができません。

でもランニングの領域に関しては広く門戸が開かれており、今回開催されたようなロードの大会は登録の無い一般の市民ランナーも参加できます。
東京マスターズ陸上競技連盟のサイトからもエントリーできますが、ランネットでも扱っています。
実際に私も登録しているわけではありませんし、ランネットからエントリーしました。

トラックの大会でも原則登録者しか参加できないのですが、長距離種目に限っては一般からの参加も受け入れている場合もあります。



さて、今回私が参加した大会「関東マスターズロード選手権大会」の具体的なお話に入りたいと思います。
会場は東京・立川市の国営昭和記念公園。
箱根駅伝が好きな方には馴染みがあると思いますが、予選会のコース後半、そして運命の結果発表が行われる場所です(ただし今回のコースはその予選会とは別物です)。

部門は5K、10K、ハーフマラソンの3種目。
それぞれの参加人数はこんな感じです↓↓↓

男子 5K= 83、女子 5K= 23
男子10K=157、女子10K= 41
男子ハーフ=370、女子ハーフ= 68

全種目合計は742名。
内マスターズ登録者は113名、約15%です。
つまり85%ほどは一般の参加者です。
ちなみに定員は1500名・・・かなり余裕が有ります(^-^;

コースは公認、マスターズの大会は規則面に関してはガチなのでそこは絶対です。

記録計測はナンバーカードに貼り付けられているタイプのタグを使っていますが、併せてナンバーカードのバーコードでも管理されていました。
システム的にどうなっているのか分かりませんが、厳重にバックアップされているのはさすがです。

ちなみにネットタイム計測はありません。
人数最多のハーフでも438名、ロスは最後尾スタートでも数十秒なので問題にはならないでしょう。



その他サービス面に関しては、女性の更衣室は仮設テントで用意されています。
女子合計が132名から考えると充分な大きさではないかと思います。
男の子は男らしく裸体を衆目に晒しましょう!?

荷物預かりは貴重品以外のものを預かってくれます。
ただブルーシートの上に野ざらし・・・昨日は晴天だったから問題無かったけど、雨が降ったらどうするんだろう?

ちなみに預けずにその辺に放置する人も多かったし、私もそうしました。
スペース的には結構余裕あります。

トイレは公園の既設のものだけで仮設トイレは皆無です。
最寄りのトイレは若干混んでいる時間帯もありましたが、許容範囲内ではないかと感じました。
立派な公園なので少し歩けば他にもトイレは沢山あります。

そして出店的なものも皆無です。
公園としての自販機があるだけ・・・酒類は扱っていません。
レース後ただちにビールを飲まないとやばいことになる人はクーラーボックスに缶ビールを仕込んで乗り込みましょう。

参加賞はTシャツです。
白地に左胸部分に大会名のロゴが入っているだけ・・・一言で言うと・・・地味です。

参加賞Tシャツ@関東マスターズロード選手権


実はこう見えて背中にオシャレなプリントがあったり・・・しません(笑)
良く言えばシンプル・イズ・ベスト ~ ただいつ着るべきか頭を悩ませています。

ちなみに入賞者の賞品は日本茶(ペットボトルとかではなく茶葉です)・・・渋っ!
優勝者には金メダルも授与されます。



参加賞Tシャツが象徴するように大会全体の雰囲気も地味です。

写真はフィニッシュエリアなのですが、計測器具があるだけでゲートなんてありません。

フィニッシュ地点@関東マスターズロード選手権


次の写真は開会式の様子。
小さくしか写っていないけど中央が挨拶をする大会会長、奥に見えている青いテントが大会本部です。

開会式@関東マスターズロード選手権


大会役員もスラックスにYシャツ&ネクタイ&ジャケットという制服姿 ~ お堅い雰囲気です。

この大会、ていうかマスターズの大会、ゲストランナーなんて当然いません。
開会式はやけに参加を呼び掛けられますが、ひたすら役員や関係者のお堅い型通りのご挨拶が延々と・・・一応私は出席しましたがメリットは何も感じませんでした。



何だか批判めいた内容になってきた感じですが、私の気持ちはそんなことないですよ!
何より長年の実績があるので運営はしっかりしてるし安心感・安定感があります。

たしかに派手さは皆無だしお堅い雰囲気、仮装なんてもってのほかって感じです。
だけど人が多くて何をするにも大変なマンモス大会には無い魅力も大いにあると感じています。

役員だって制服姿の集団を遠巻きに見てると近寄り難い感じがするけど、話しかけてみると皆さん気さくです。
厳格な大会運営を何より重視しているのでどうしてもお堅い感じになってしまうけど、悪い人たちではないんです。

そして何だか敷居が高いと思われているであろうマスターズの大会ですが、制限時間は厳しくはありません。
10Kは1時間20分、ハーフマラソンは2時間40分。
さらに注釈として「制限時間を超えると競技の進行状況を見て審判長は競技を中止させます」とあります。
つまり「制限時間オーバー=即失格」ではなく、状況が許せば競技は続行されるのです。
実際制限時間を超えて歩くように走り続けているおばあちゃんがいらっしゃいました。

それからこの大会は各クラス5位までが入賞扱いでした。
この参加人数で5歳刻みで分けると結構ハードルは下がります。
特に女子は人数が少ないので入賞のチャンスは大きいと思います。

お祭り気分は味わえないけど、純粋に記録を狙うには良い大会だと思います。
参加者もその辺のことを理解している人が多いようで、マナーの悪さが目に付くことはありませんでした。



今回初めてマスターズの大会に参加したかのように書いてきましたが、実は昨年11月にトラックの記録会(10000M)に参加しています。
その時に気に入ったので今回もエントリーしたという経緯があります。

なのでもっと多くの人たちにマスターズを身近に感じてもらいたいなと思っています。
もし良ければ出場大会の候補に入れてみませんか?!

そんなわけで、ある種CMな今回の記事でした♪
もちろんマスターズはこんな私に1銭も出してくれてませぇん(*^-^*)



日本マスターズ陸上競技連合
http://www.j-master.gr.jp/index.html

東京マスターズ陸上競技連盟
http://www6.ocn.ne.jp/~tomaster/


スポンサーサイト
コメントの投稿
非公開コメント


なかなか素敵な大会ですね。
マダムは、箱根予選会(勿論応援!)で、何度か足を運んでいます。
大会のゲート要りません。線が引いてあれば、スタートもゴールも出来ますし、エイドも元々興味無し、食べにきたわけじゃないですし。とまあ、どちらかというと、地味ぃな大会が好きなマダムですので、次回、前向きに検討させていただきます。

詳細、ありがとう。

Re: タイトルなし

おぉ!箱根の予選会の応援とはなかなかのマニアっぷりですね(笑)。

マダムさんのような人にはまさにピッタリだと思います。
入賞もわけない(当然!?)と思います。
優勝だって夢ではないでしょう。
近日中に東京マスターズのサイトに結果が出ると思うので、もし良ければ覗いてみてください。

ちなみに秋・冬にもありますよ~ぜひぜひ!

No title

激安焼酎殿

マスターズ情報ありがとう!日程合えば、今後検討してみたいと思います。

マスターズというと、自分はどうしてもゴルフのマスターズトーナメントを連想してしまいます。

名前の通り、一年間の中で資格や実績を持つ選手のみの大会、プロ憬れの大会ではありますが、でももともとはアマチュアの祭典として立ち上がったという噂を聞いたことあります。
プロスポーツも根幹では、アマチュアやファンあってのものなんですよね!

関係ない方向に行ってしまいましたね!失礼(^_^;)


Re: No title

ツカゴロウさん

そうなんですよね~たぶん世間的には「マスターズ」っていうとゴルフが最初に来るんでしょうね。
自分はゴルフは全くやらないのでよく分からないのですが、最高峰の大会なんですよね?!
そんな部分もマスターズの大会のハードルの高さを上げているような気もします。

本文に書きましたがマスターズのロードレースは混雑も少ないし高低差もそれほど無いので記録狙いに向いています。
アフターは昭島の日帰り温泉に入りビールを浴びました ~ てことでお楽しみも待ってますよ(笑)


No title

コメント遅くなりましたが、この記事を読んで富山のマスターズを調べてみました。
なんだか・・10キロのレースの女子はすごく少ないような気がします。
その中の50代の女性のお名前で検索してみたら、ハーフを1時間30分で走っていらっしゃいました。

たとえ上位に入っても恥ずかしいなぁ( ̄▽ ̄)。



Re: No title

mitsuさん

地元のマスターズ情報を調べてくださりありがとうございます!
人数が少なくとも順位は順位です。
もし気が向けばぜひぜひ出てみてください♪
でも昨今のランニングブームの華やかさとは無縁の雰囲気で本当に地味ぃですよぉ~(^-^;
プロフィール

激安焼酎

Author:激安焼酎
何となく申し込んだ東京マラソン2014にうっかり当選してしまい、練習しないわけにはいかんと思い走り始めたのが13年年末。

その東京マラソンを何とか完走・・・そして同時に走る快楽にハマり本格的にランニングを開始。

そして楽しく走りつつも走ることに対していろんなことを思う日々・・・ここでは走りそのものよりも頭の中に浮かんだことを徒然に残していきたいと考えています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。